きょう豆曜日 ・ Today Peaday +

一言メッセージ :様々な立ち位置から、改めて見てみたい。小振りな乗り物と散歩好きが綴る放浪の記。よろしくお願いします。

ここに相似の関係  Similar Relationship Here 여기에 상사의 관계

tokyo20170904.jpg

ここに相似の関係があるような気がする。

北朝鮮の核実験と、東京新聞の平和の俳句。

米軍のB29と、日本人の構える竹槍。

北の核実験:平和の俳句=B29:竹槍
North Korean nuclear test : peaceful haiku = B29 : bamboo spear

さあ、どうでしょう?


2017年9月4日東京新聞朝刊の平和の俳句は、

ニガウリの苦さは八月の苦さ

 北田 のりこ(72) 津市
スポンサーサイト
  1. 2017/09/05(火) 05:11:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

映画  蝶の舌  La lengua de las mariposas

DSCN5083b.jpg

1936年、スペインの片田舎で、喘息持ちの主人公は1年遅れで小学校へ入学する。
学校へ行くのを怖がっていた主人公に、担任のおじいちゃん先生は優しく、
蝶にはゼンマイのように巻かれた舌があると教えてくれ、一緒に虫取りにも行った。

主人公はいろいろな出来事を経て、少しづつ成長していくのですが、
スペインでは内戦が始まってしまい、慕っていた担任の先生も、
群衆が注視する中、権力を握ったフランコ将軍側に捕らえられてしまう。
そして世話になった先生に向かって、主人公とその親が、周囲に同調する形で
心ならずも罵声を浴びせたところで、映画は突然に終了。

ヨーロッパはたくさんの国がありますし、ひとつひとつの国の歴史までは
あまり知らなかったのですが、スペインにも過酷な時代があったんですね。
日本の戦前や戦中もかなり息苦しい世の中だったようですが、思想・良心の自由とか
表現の自由、民主主義といったものが、あまり大切にされていない社会も、
以前は珍しくなかったんでしょうね。

結末はハッピーエンドではありませんが、観た後に余韻の残る作品でした。
  1. 2017/07/19(水) 18:32:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

グリーングリーン

おそらく小学校で習ったのだと思いますが、とても印象深い曲です。
「ある日 パパとふたりで 語り合ったさ この世に生きるよろこび そして悲しみのことを」
というくだりが一番好き。父親とそんなことを語り合ったら、長く記憶に残るでしょう。

元の曲は、アメリカのフォークグループ、ニュー・クリスティ・ミンストレルズが
1963年に歌ったものだそうですが、日本語の歌詞は翻訳でなく、独自に作られたようです。

私は20年ほど前にスイミングスクールの送迎バスの運転手をしていましたが、
小学生の生徒と一緒に歌いながら運転したのも、この曲にまつわる楽しい思い出かな。

 - - - - - - - -

ある日 パパとふたりで
語り合ったさ
この世に生きるよろこび
そして悲しみのことを
グリーングリーン
青空にはことりがうたい
グリーングリーン
丘の上には ララ
緑がもえる


(歌詞は一部のみ)


グリーングリーン(歌詞付き)
  1. 2017/07/18(火) 14:41:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トヨタ MR2 AW11

AW11.jpg

クサビ型で直線基調のデザインに一目惚れし、中古車屋で購入しました。
屋根が一部取り外せるTバールーフで、スーパーチャージャーの付いたモデルです。

それまで乗っていたのがFFの4ドアセダンだったので、
運転した感覚は天と地ほどに違っていました。

ひと言でいうと、MR2はカートコースでゴーカートに乗ってる感じでしょうか。
ハンドルをちょっと切ると、すぐに車体が反応して向きを変えてくれるし、
パワーも下の回転からモリモリ出ていて、アクセルを踏むたび楽しかった。
ついついスピードを出してしまい、警察に捕まったこともありましたが。

唯一の難点は、古くなると取り外せる屋根部分のシールが甘くなってしまい、
雨漏りが止まらなくなったことです。シリコンの撥水剤を吹き付けたりしたのですが、
漏れがおさまることはありませんでした。税制が古い車に厳しくなったのも痛かった。

ヤフオクで京都の方にお譲りしましたが、今も現役だったらうれしいですね。
またこんな楽しいモデルを、日本のメーカーが出してくれるのを待っていようと思います。
  1. 2017/07/16(日) 00:07:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

映画 母 小林多喜二の母の物語

DSCN5073b.jpg

蟹工船の作者である小林多喜二の母セキの、子供時代から、
多喜二を失い、戦後1961年に亡くなるまでをつづった作品です。

物語の中心はやはり、おはぎが好きだった次男の多喜二が、小説の執筆を通じて
日本の社会を良くしようとしていたのに、国策に反するからと警察から監視され、
逮捕され、拷問を受けた末に殺されてしまったところでしょう。

国の政策に賛成できない国民の活動を弾圧する、国家権力の冷酷さ、
命がけで声を上げる一市民のひたむきさが、よく描かれていたと思います。

上映前に監督の山田火砂子さんの挨拶があったのですが、
この映画は、わが子を失い悲しむ母親がなくなるように、との思いで撮られたそう。
警察が多喜二を殺した件などもそうですが、より多くの悲しみを産むのは、戦争です。
監督は現在85才で膝が悪いのに、会場まで足を運んでくださいました。

多喜二殺害当時の法律、治安維持法を思い起こさせる、
つい先日施行されてしまった今の日本の法律についても、懸念していました。

また、戦前は「馬鹿にやる米はない」として障害者が餓死していたとの話も、
なかなか印象深かったです。それに比べれば、今は福祉も行き届くようになったが、
最近また福祉の予算が削られ、軍事費などに回されているとのお話でした。

お住まいの近くで上映が無い方でも、近々DVDも出るそうですし、
原作の三浦綾子さんの小説を読んでみるのもいいかもしれません。
  1. 2017/07/15(土) 00:46:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

世界で一番いのちの短い国  シエラレオネの国境なき医師団

DSCN5066b.jpg

当時約36才だった日本の男性医師が、平均寿命が34才(2002年)という
世界一の短さの、西アフリカのシエラレオネに1年間滞在して活動し、
帰国後まもなく出版された本です。まずは本のタイトルが良かった。

現地の飲み水が体に合わず、ずっと下痢に苦しめられていたり、
日本の5倍はあるゴキブリに悩まされたりしながら、土日も休みを取ることもなく、
診療に、教育にと、精力的に働いていた日々がつづられています。

一般に国際協力の現場では、お金にしても食料にしても医薬品にしても、
どうしても与える側が意識の上でも優位に立ってしまい、押しつけがましくなるのだそう。
筆者はそこには疑問を感じていたようで、現地の言葉を学んだり、現地の習慣や文化を
尊重したりして、対等な関係を築けるよう努めていたそうです。

ちょっぴりほほえましかったのは、妻帯者だった筆者が性欲を抑えるために、
日本からエッチな本を届けてもらったそうなのですが、その本のタイトルは、
「おっぱい星人 ぽよんぽよん」だったそう。

なお、筆者は現在、宇宙船地球号というNPO法人を立ち上げ、運営しているようです。
NPO法人 宇宙船地球号
  1. 2017/07/12(水) 22:31:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

香港の街なかに貼られていたチラシ

DSCN5065b.jpg

香港へ遊びに行ったとき、目に留まった手書きのチラシです。
「電脳指南」とあるから、パソコンに詳しい人が始めた商売でしょう。
白い紙にマジックでなぐり書きし、コピーをしたようです。勢いを感じます。

「開設」とか「百害」とかいう文字もありましたが、大半は意味不明。
漢字も日本語にはないものが多いけど、いつか解読しようかな。
中国語が読める方の、コメントをお待ちしています。

  1. 2017/07/10(月) 21:15:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

はたらく車展  切手博物館

170707_1539~001
郵便物を送る際に、料金を前払いした証として貼られる切手は、
さまざまなデザインのものがあり、その収集を趣味にしている人も
世界中にいるようです。私の祖父も集めるのがひとつの趣味でした。
見返り美人とか、月に雁などの、有名なものもありました。

その切手の収集、展示をしているのが、JR山手線の目白駅近くにある、
この切手博物館です。決して広くはないのですが、スペースを取らない
切手が対象なので、今の大きさで充分に思えます。
世界初のイギリスの切手とか、日本初の切手なども見ることができます。


170707_1633~001
先日訪れたとき開催されていたのが、はたらく車の描かれた切手を集めた展示。
古いものでは、荷車や手押し車の描かれたものから始まり、T型フォードみたいな車とかが。
消防車、郵便車、バス、トラクターなどの絵柄が多かったです。目についたところでは、

移動図書館のバス  バルバドス
ICBMを積んだ車両  中国
60年代のホンダF1  パラグアイ

などがありました。はたらく車の写真を載せた幼児向けの本などは、
昔から人気ですから、車好きの小さい子なんかが来ても楽しめそうです。
ただ展示物自体が極めて小さいので、拡大鏡があるといいかもしれません。


  1. 2017/07/09(日) 20:16:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

座れるコンビニ

DSCN5041b.jpg

もうコンビニが無かった時代には戻れないと感じるくらい、
普段の生活の中で欠かせない存在だと思います、コンビニは。

目新しいさまざまな商品が買えることも素敵ですが、公共料金の払い込みとか
銀行のATMとしても使い勝手がいいです。いま日本全国で、5万5千軒だそう。

散歩と読書が好きな私にとってうれしいのは、ミニストップや一部のファミリーマートに、
イートインスペースと呼ばれる、椅子と机が用意してあることです。
暑い日や寒い日に、空調の効いた店内でひと息ついたり、本を読んだり出来るのは、
ありがたいことだと思います。職場や自宅とは、ちょっと気分も変わりますしね。
  1. 2017/07/09(日) 17:42:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

服をリメイク

170707_1324~002b
きょうの仕事帰り、JR山手線の目白駅周辺を散策したのですが、
ひとつ面白そうなことをやっているお店がありました。

服のお直しとか、リフォームを主にしている店のようですが、
思い入れのある服や着物の生地を生かして、別のものも作ってくれるようです。
和服をドレスにつくり変えたりもしているようですが、、、


170707_1324~001b
服からクマのぬいぐるみ、ってのはいいアイディアかもしれません。
料金は2万4千円とありますが、自分で布を裁断したり、縫ったりが難しい方には、
許せる金額ではないでしょうか。服もただ捨てるには、忍びない時がありますからね。
  1. 2017/07/07(金) 22:35:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

生活保護を受けること

生き延びるための最後の手段として、社会に生活保護の制度があるのは
悪いことではないように思います。当然そのために税金も投入されますが。
多くの先進国でも、同じような制度がある国が多いようです。

ただ、一度生活保護を受けて、そのことに慣れてしまうと、働ける能力が
ありそうな人でも、積極的には働こうとしない場合があるようで、悩ましい問題です。
もちろん高齢で就職が困難な方や、病気や障害で働けない方は、
ためらうことなくこの制度の利用をするのがいいと思います。

私の実の兄は、誰でもが知っているような有名大学を卒業し、しばらくは
就職して働いていたのですが、ある時から病気になり、それをきっかけとして
生活保護を受けるようになりました。今は私とは離れて住んでいます。

弟の私の目には、病気ももう落ち着いた状態で、充分就労可能に思えるのですが、
なかなか働いて稼ぐところまでは至っていません。
折に触れて、仕事を探すようには言っているのですけどね。

すぐには状況が好転しそうにもないのですが、粘り強く取り組む必要がありそうです。
出来ることなら兄も、働いて、何かの役割を担って、その報酬で暮らした方が、
気分よく毎日を送れるのではないかと、そんな気がしています。






  1. 2017/07/06(木) 20:50:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

健康診断書でわかること

DSCN5064b.jpg

年に一度の健康診断は、大半の方が受けているのでは、と思います。
働いてる方は職場で、そうでない方も自治体の住民健診などで。

この本は各検査項目の概要と、それぞれで異常を指摘された場合、
どんな病気を考えておくべきか、また、数値などの改善のためには、
何をすればいいのかが、食事療法を中心として、わかりやすく説明されています。

少し問題があるとしたら、「病気にならない体をつくる予防医学」という章では、
たばこの害についての記述がほとんどないことと、「がん予防」の節では、
免疫力を高めることが、最も大切なことのように書かれている点でしょう。
監修者が関心を持っている領域に、重点を置きすぎているようです。
それらを除けば、全体としてはよくまとまっているし、
一度読んでみてもいいとは思いますが。

この先、健康を損ない病気になることを、うまく避けるためにも、
健康診断で得られた情報を利用するのは、賢い対応のように思います。


  枻出版社  医療監修 青木 晃   栄養監修 篠原絵里佳
  1. 2017/07/04(火) 17:33:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ことしの短冊

170701_1100~001[6788]

七夕前のこの時期は、いろんなところで笹が飾られています。
そして願いごとがある人が、短冊をぶら下げられるようになっています。

その願いごとには、思いもよらぬものがあって、読んでいて面白いです。
画像は仕事帰りに寄った某駅ビルにあったものです。

まず多かったのは、彼女や彼氏が欲しいというものでした。
次は健康を願うものかな。それらの画像は割愛してあります。


170701_1056~002[6785]
単位を欲しがるのは、大学生でしょうか。
留年や中退も避けたいでしょうが、身を入れて勉強して欲しいです。
授業料も、貴重な時間も費やしてるんですから。


170701_1058~001[6787]
血のつながった自分の子供、望む方が多いでしょうね。
不妊に対応する医療も進んできてるようですが、
全ての方の願いを叶えるところまでは、まだまだ行ってませんし。


170701_1057~001[6786]
「夏コミ成功しますように」とあります。同人誌を作っている方でしょう。
コミックマーケットは行ったことありませんが、すごい盛り上がりと聞いてます。


170701_1056~001[6784]
「早く夫のダブル不倫が終わりますように、、、」だそうです。
一番のインパクト。私は例えば、夫婦仲のように、同じパートナーとの関係が、
ただ長く続けばそれだけでいいというわけではないと思いますが、
願いごとを書かれた当人には、悩ましいところのようです。


年に一度ぐらい、今の自分の願いごとは何かを
考えてみるのも、面白いかもしれませんね。



  1. 2017/07/03(月) 15:51:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シナモロール Cinnamoroll

シナモンロール3

どこかのお店で見かけてから、かわいくって気になっていました。
ソフビの人形とマグカップを買って、しばらく持っていたことがあります。

最初は女の子のうさぎかな、と思っていたのですが、サンリオによると
犬だそうです。しかも男の子で、空を飛べるそう。びっくり。
ハローキティに次ぐ人気だそうですね。

以前付き合っていた女性が、なんとなくシナモロールに似た顔立ちで、
頼んでもないのに長い髪を2つにまとめて垂らし、シナモロールみたいな
髪型にしてきてくれたことがあります。写真を撮っておけばよかったかも。



以下サンリオのホームページより。

シナモロール 2001年

遠いお空の雲の上で生まれた、白い子イヌの男のコ。
ある日、空からフワフワ飛んできたところを、
「カフェ・シナモン」のお姉さんに見つけられ、
そのままいっしょに住むことに。シッポがまるで
シナモンロールのようにくるくる巻いているので、
「シナモン」という名前をつけてもらう。
今は、カフェの看板犬として活躍中。
特技は、大きな耳をパタパタさせて、空を飛ぶこと。
おとなしいけれど、とても人なつっこくて、
お客さんのひざの上で寝ちゃうこともある。

誕生日:3月6日
  1. 2017/07/01(土) 15:35:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゲーテ格言集

DSCN5061b.jpg

人生経験が豊富な人からの、アドバイス集みたいな本です。

25年くらい前に買いましたが、最近また読み返すと
なるほどと思える格言が多いので、身近に置いてあります。

電車での移動中に、数ページ読んではまた閉じる、
といった読み方です。いくつか気に入ったものを紹介します。


 - - - - - - - -


君の値打ちを楽しもうと思ったら、
君は世の中に価値を与えねばならない。


人生は、いかに平俗に見えても、またいかに日常陳腐なもので
容易に満足するように見えても、やはり常に、あるより高い要求を
ひそかに抱き、養い続けており、これを満足させる手段を探している。


よい人間は暗黒な衝動にかられても、
正しい道を忘れはしないl。


はるかな世界と、広い生活を、
長い年々の誠実な努力で、
絶えず究め、絶えず探り、
完了することはないが、しばしばまとめ、
最も古いものを忠実に保持し、
快く新しいものをとらえ、
心は朗らかに、目的は清く、
それで、一段と進歩する。


人は自分の肉体あるいは精神についてよく考えてみると、
たいてい自分が病気であることを発見する。


われわれには理解できないことが少なくない。
生き続けて行け。きっとわかって来るだろう。


経験したことは理解した、と思いこんでいる人がたくさんいる。


 - - - - - - - -


一番最初に挙げたものは、最初に読んだ時から、いいこと言うなあ、
と感じたのを憶えています。文面も記憶していました。

私はもちろん、楽しい人生を送りたいとは思っているけど、
そうするためには自分が世の中に、価値あるものを
提供しなくちゃいけないんですね。

いろんなことをがんばっていこう、という気にさせてくれました。



以下 Wikipedia から。

ゲーテは18世紀から19世紀にかけて活躍した、
ドイツの詩人、劇作家、小説家、自然科学者、政治家、法律家。
ドイツを代表する文豪であり、小説『若きウェルテルの悩み』
『ヴィルヘルム・マイスターの修業時代』、叙事詩『ヘルマンとドロテーア』、
詩劇『ファウスト』など広い分野で重要な作品を残した。
  1. 2017/06/29(木) 23:38:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

映画 はじまりへの旅 Captain Fantastic

170627_1739~001[4806]

エキセントリックなお父さんの方針により、人里離れた森の中、
スマホどころかインターネットもTVもない環境で育てられる
6人の子供とその父親が登場人物です。

子供たちは学校にも通っていないんだけど、それでも
夜にはたき火を囲み、いろんな本を読んだりして教養を深めつつ、
激しく体も鍛えながら、たくましく育っていきます。

そんな一家が母親の葬式をきっかけに、世間と衝突し、
戸惑いながらも、社会と少しづつ折り合いをつけていくお話です。

なかなか面白い映画でした。
こんな育てられ方をした人が、友人とか、職場の同僚に
一人ぐらい居ても悪くなさそうです。
同じような育ち方をした人ばかりが集まっても、
出てくる知恵はたかが知れてる気もしますしね。
  1. 2017/06/27(火) 23:12:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バーチャルボーイ 任天堂

DSCN5059b.jpg
発売は1995年7月。今から22年前ですが、今も問題なく動きます。
赤黒のモノクロ画面は、左右の目に異なる画像を見せることで、
奥行き感のある3D画面でプレイできます。1列に並んだ赤色LEDを、
振動する鏡に反射させているようです。


DSCN5058b2.jpg
映っているのは敵の宇宙船を打ち落とすシューティングゲーム。
ワイヤーフレームの敵船体に、こっちの撃った弾が当たると、割り箸が
割れるようにゆっくりとバラバラになります。その様が少し美しいです。


あまり販売台数も伸びなかったようで、メーカーとしては残念でしょうが、
画期的な製品ですから、ゲーム機博物館なんてのが出来たら、そこに並ぶことでしょう。

  1. 2017/06/27(火) 23:10:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

驚きを大切にしたい


初めて何かを見たり、知ったりしたときには、その瞬間に
素直に感じる、驚く気持ちを、大切にしています。

学校で授業を受ける時なんかも、そんな心構えでいると、
理解も深まるし、自然な疑問も湧いてきて、学ぶことが楽しくなります。
大学の恩師も、研究をするにはそういう態度が大事だと言ってました。

別に学問に限った話ではなく、街を散策していても、
野山で草花を眺めていても、新鮮に感じる心を持っていれば、
同じ経験でも味わい深いものになる気がします。

いくつになっても、そういう気持ちを失わずにいたいと思います。

  1. 2017/06/26(月) 20:37:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天下一品ラーメン年に2回

170622_1307~001ラーメン

他店ではあまり見ない、ドロドロでこってりしたスープが特徴です。

たまに無性に食べたくなって店に行きます。平均すると年に2回ぐらいかな。

全国に247店舗もあるので、家の近所にあるよ、という方も多そうです。
  1. 2017/06/25(日) 20:39:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

米軍の折り畳み式スコップ

DSCN5056b3.jpg
第二次大戦の頃から、米軍で使われていた形の、折り畳めるスコップ。
木製の柄の形がよく出来ていて、握った手に気持ちよくフィットします。
現在は、もっと小型で軽量のものが採用されていたと思います。
この画像の状態で、兵士の腰にぶら下げられて装備されていたようです。


DSCN5055b3.jpg
こんな角度で固定することもできます。畑を耕すときになんかにいいかも。


DSCN5054b4.jpg
ブレードを伸ばして固定するとこんな感じです。足で踏めるようになってます。


これは以前沖縄へ旅行した際、米軍の放出品を扱ってる店で購入。1000円でした。
鉄の部分が錆びないようにさえ気を付けておけば、
かなり長持ちしそうです。シンプルで壊れる部分もなさそうですし。

戦場では、塹壕を掘ったり、時には武器としても使われていたのでしょうか。
いろんな道具それ自体が好きなので手に入れましたが、
いまのところ穴を掘る機会は無さそうです。子供の頃は落とし穴をよく掘りましたけど。
  1. 2017/06/25(日) 17:37:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

LOVEスクラップ

170619_1253~001スクラップ

いろんなものがごっちゃになっていて独特の楽しさがあるし、
探していた宝物にも出会えそうな気がして、解体屋は昔から好きです。

以前は住まいから歩いて行ける距離に、2軒営業していたのですが、
経営がうまくいかなかったのか、両方とも廃業してしまいました。
敷地が必要な割に、利益を出すのが難しいのでしょうか。

画像は山田うどんの駐車場に停まっていた、トラックの荷台を写したもの。
自転車とか、ラジカセとか、スプレーの缶とか、、、大部分がゴミですね。

解体屋では欲しいものがあっても、値段など決まっていませんから、
価格はお店の人との交渉で決まります。「ずっと探していました、ぜひ欲しい」
なんて思ってるのを見抜かれると吹っ掛けられますから、
あまり乗り気でない風を装うのが大事。
  1. 2017/06/22(木) 22:09:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

株やってます

いまは銀行にお金を預けていても、利息はゼロに近いので、手持ちのお金が
少しでも増えるようにと、しばらく前からネット証券で株をやっています。

初めの数か月は損をすることが多かったのですが、入門書を何冊か読み、
自分でも試行錯誤しながら、最近はなんとか利益を出せるようになってきました。

いまのところ1年半で、177万のプラスです。本格的にやっている方には、
もっと利益を出している方も多いようですが、片手間にやっている割には、
まあまあかな、と思っています。

購入した株が値を上げたときは、気分が良くなりますが、値を下げると
なんとも嫌な感じが続きます。なんだか株価に振り回されてる感じです。

先日イギリスが投票でEU離脱を決めたときは、大きく株価が下がりました。
株をやっていると、世の中の出来事とか変化にも、敏感になるように思います。

いままでのところ、買ったのは安定をしてそうな一流企業の株がほとんどですが、
今後大きく稼ごうと思ったら、まだ出来て間もない会社の株などにも、
手を出さなければいけないのかもしれません。見慣れない会社の将来がどうなるのか
見通しを立てるには、少し勉強が必要かな。
  1. 2017/06/16(金) 20:27:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

のらくろの漫画さしあげます

DSCN5049b.jpg

DSCN5047b.jpg

DSCN5048b.jpg

田河水泡の描いた漫画の「のらくろ」を、
欲しい方に差し上げます。父の愛読書でした。

これは戦前・戦中に描かれたものを、
昭和40年代に復刻して、出したもののようです。

外箱はきれいではありませんが、
漫画としても読めるレベルです。

画像に写っているものを、まとめて欲しいという方に。

ご希望の方は、コメントを秘密モードにして、
住所、名前、連絡先電話番号を書き込んでください。
送料着払いで、近いうちに送る予定です。


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%AE%E3%82%89%E3%81%8F%E3%82%8D

追記:2017年の7月19日に、欲しいという方が現れたので、お譲りすることになりました。
  1. 2017/06/15(木) 19:40:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雑誌 WIRED ものづくりの未来

DSCN5043b.jpg

先日たまたま入ったコンビニで見かけたので、
久しぶりに雑誌「WIRED」を買ってみました。

この雑誌は、「テクノロジーによって、生活や社会、カルチャーまでを包括した
わたしたち自身の「未来がどうなるのか」についてのメディア」、だそうです。

興味をそそられたのは、
捨てない経済 北欧発「リペア・エコノミクスへ」の挑戦
という記事です。

スウェーデンでは、壊れたものを各自が持ち寄り、
修理に慣れたボランティアと共に無料で修理する、
Repair Cafeという取り組みがあるそうです。

モノを大切にするのって、ちょっとかっこいいと思う。
日本にも、おもちゃ病院ってのが、各地であるようですね。

「WIRED」は、ウェブサイトも結構充実していました。

http://wired.jp/

上のサイトには、
「フェラーリのF1マシン、その70年の進化が一目瞭然のGIF動画」
なんてのもありました。

  1. 2017/06/14(水) 20:54:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

きょうは自転車

DSCN5042b.jpg

初めて自転車に乗ったのは、たしか小学校に上がった頃でした。
当然最初は補助輪付きでしたが、しばらくしてから補助輪を外し、
親に後ろから支えてもらいながら、練習したのを覚えています。

足で歩くよりも格段に移動が楽で、遊びに出かける行動半径が
広がるのがうれしく、あちこちへ出かけては楽しんでいました。
行きつけの駄菓子屋に行ったり、ゲームセンターに行ったり、
ちょっと遠くにあると聞いた、防空壕にも行ってみました。

なんでも自転車は、あらゆる移動手段の中で、効率が断トツで良いそうです。
それに近い将来、石油が枯渇しても、自転車ならおそらくへっちゃら。
加えて普段あまり体を動かさない生活をしている多くの人にとっては、
乗るだけで運動の機会になるのも、良いところだと思います。

私は以前、自分用に6台ほど自転車を所有していました。
しかし置き場所にも困っていましたし、モノを減らして
すっきりした生活をしたくなったので、画像にある一台を残し、
他は全部処分しました。

フレームの上部が、水平になっている点が気に入って、この自転車は買いました。
たとえば部屋の壁に掛けた絵の額縁が、きちんと水平になっていると気持ち良いように、
このトップチューブが水平だと、見た目におさまりがいいように感じます。

また、自転車は車やバイクと違って、しばらく乗らなかったら
バッテリーが上がって乗れなくなることもありませんし、
たまにタイヤの空気を補充してやるぐらいで、充分なのもいいところです。

うまくいけば10年どころか、20年ぐらいは平気で乗れそうなので、楽しみです。
  1. 2017/06/14(水) 20:13:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

くつしたの穴 直します

くつ下の穴しゅうりチラシb

どこかでもらった、手書きのチラシ。絵もかわいい。

こんな商売が本当に成り立つのか、気になります。

靴下に穴が開いたら、電話してみよう。

  1. 2017/06/11(日) 09:17:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

黄色い車 BRZ

DSCN5038b.jpg

車を新しくしました。

自分でギアを変えるのとか、
クラッチをつなぐのが好きなので、
またマニュアル車にしました。

運転していても楽しくって、満足です。
  1. 2017/06/03(土) 17:46:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

国立西洋美術館

DSCN5028b.jpg

DSCN5029b.jpg

DSCN5030b.jpg

天気もいいので、久しぶりに上野の美術館に行きました。


常設展は絵画が中心ですが、結構見ごたえがあります。
企画展と違ってあまり混まないのも魅力。観覧料も手頃です。
  1. 2016/05/04(水) 21:36:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

辺野古基金

米軍基地に迷惑している、気の毒な沖縄を応援しようと、
わずかな額ですが寄付してきました。頑張れ沖縄。


(辺野古基金 ゆうちょ銀行 店番708 口座番号1365941)
  1. 2015/05/19(火) 23:15:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

世界がもし100人の村だったら

DSCN5025b.jpg

ひさしぶりに本棚から出して、読んでみました。
十年ちょっと前にかなり話題になって、本も良く売れたので、
ご存知の方もいるかもしれません。

今回印象的だったのは2箇所。

「自分の車をもっている人は7人のうちのひとりです」

100人いたら、たった7人しか車を持てないということらしい。
自分は今ちょうど車を買い換えようかと検討していたところなので、
過度に贅沢をしているような気がして妙にひっかかります。

あとは、

「村人のうち1人が大学の教育を受け 2人がコンピューターをもっています
 けれど、14人は文字が読めません」

大学で学べるのは、100人のうちたった1人とは驚きました。
幸運にも大学に通えた人は、たとえば文字の読めない14人の状況に、
何か関わりを持つべきなのかもしれない、なんて思っちゃいました。

本のカバーを外した中身も、なかなか良いデザイン。

DSCN5027b.jpg
  1. 2015/05/16(土) 20:47:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

 ・きょ豆♪

Author: ・きょ豆♪
豆系

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ふろっぐくろっく

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する