きょう豆曜日 ・ Today Peaday +

一言メッセージ :様々な立ち位置から、改めて見てみたい。小振りな乗り物と散歩好きが綴る放浪の記。よろしくお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

後世への最大遺物 (内村鑑三 著)

後世への最大遺物 内村鑑三b

一見したところ、さほど恵まれたものを持ち合わせているわけではない
私たちの大半にとって、後の時代にも広く利益をもたらせるような
働きをしようと考えたとき、実現可能な形としては、どんなものがあるのか。

明治27年、箱根の夏季学校での講演「後世への最大遺物」を
収録したこの小冊子は、今の時代に読んでも、得るものが多いです。

ごく短い文章ですが、講演の中で最も大切な内容としては、
「最善を尽くした生き様それ自体が、最大の贈り物である」
という点だと言ってよいでしょう。首相にならなくても、
金メダルを取れなくとも、出来ることは沢山ありますからね。

ヘレン・ケラー程の偉業には到らずとも、与えられた境遇に絶望せず、
いい取り組みを続けてきた多くの先人に対しては、尊敬の念を禁じえません。
江戸期の農民が訴えるにあたり、知恵を絞った傘連判なども、素晴らしい。

ところで未来の世代へ、今の日本がのこしていこうとしてるのが、
莫大な借金や、国家権力を背景にしたピンハネの仕組みであれば、
それは正直に言って迷惑な、負の遺産ではないでしょうか。

もっとも、現に自らの都合ばかりを声高に唱えている、
既得権益にたっぷり浸かった者の立場では、文言の理解は出来ても、
我が身にそれをあてはめて思い浮かべることは、難しいのだろうと思います。

普遍的だとも言える、人に備わった自己本位な性質を踏まえた上で、
知恵を絞って関わっていくのが、大切にされるべき仕事なのでしょう。
スポンサーサイト
  1. 2008/09/27(土) 12:27:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

気さくな松岡美術館

数千年も前の作品を生で見せてもらい、館内で息を呑みました。


白金台のこちらへは、昨日の仕事帰りにはじめての訪問です。
古代エジプトやローマもあれば、唐の中国や近代フランスもあるという、
展示物のうまい混ぜ合わせ具合は、どこかしら愉快な感じがします。
また、雰囲気の良い職員さんの対応も、魅力と言ってよいでしょう。


松岡美術館1b
水鳥のくちばしをつかんで、運ぶ姿はユーモラスです。


松岡美術館2b
体格も立派なゼウス像は、古代のローマでつくられました。
フランス革命の際に壊されたのを、復元したのだそうです。


松岡美術館3b
ピカソ1941年作の、ドラ・マールの肖像。
くまどられたような目元が、妙に魅力的です。


こじんまりとした施設ではありましたが、なかなかの好印象でした。
  1. 2008/09/21(日) 08:29:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

 ・きょ豆♪

Author: ・きょ豆♪
豆系

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ふろっぐくろっく

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。