きょう豆曜日 ・ Today Peaday +

一言メッセージ :様々な立ち位置から、改めて見てみたい。投票権あるなら、備忘録をぜひ。小振りな乗り物と散歩好きが綴る放浪の記。よろしくお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

イトトンボ

イトトンボトリム済みb

お腹まわりは、爪楊枝よりも細いです。いとかわい。












スポンサーサイト
  1. 2009/10/29(木) 22:39:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カラシニコフ

カラシニコフb

道具としての高い信頼性、ほとんど手入れをしなくても故障せず、
期待通りに動いてくれる点から、AK47は評価の高い銃のようです。

イラクのフセイン大統領も、隠れ家で発見された際は手元にこれが。
また、ベトナム戦争でも米兵が、自国の銃よりも当てにしていたそう。
ロシアにおける工場渡し価格は120ドル。日本円で1万円ちょっと。

自動小銃の設計者ミハイル・カラシニコフへのインタビューもあれば、
アフリカの国々で使われ、そこでは痛ましい流血沙汰や国家の不安定さを
作り出している状況までを、筆者が現地に赴いて取材をしています。
マッチョさを大切と考える風土があると、なかなか銃を手放せないとのこと。

工業製品や科学技術などもそうですが、生み出した際の意図とは別に、
将来どんな用途に使われ、どんな役割を担わされるか予測が出来ないというのは、
社会が広く知恵を寄せ合い、賢さを培っていく必要があると解釈すべきでしょう。

島国なせいもあるのか、つい関心が内にばかり向かいがちな日本では、
こういった他所での実情を伝えてくれる場は、ありがたい存在です。












  1. 2009/10/29(木) 22:28:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

足元には石の臼 - 日本庭園の散策

臼臼2

こうして園内の路に。穴は中心だったり、ちょっと端寄りだったり。






臼臼1

この模様はすり鉢と一緒。見ると勾玉のような穴まで。

おそらく石臼も、第二の人生を楽しんでいる気がします。





Stone mills in a traditional Japanese landscape garden.









  1. 2009/10/26(月) 20:20:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ひん曲げ上手 - ステンレス製の洗濯ばさみ

洗濯ばさみ

たった1本の針金でも、曲げ様によっては便利になりますね。
最初にこの形を見い出した方は、いったいどんな方でしょう。


(洗濯ばさみ a clothespin(米), a clothes peg(英))













  1. 2009/10/24(土) 21:07:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

教育を支援する工夫のひとつ - ベルマーク運動

キューピーからしマヨネーズボトル

キューピーからしマヨネーズの限定ボトルです。
我が家だけの限定。つい先ほど購入しました。




キューピーからしマヨネーズベルマークb

ボトルの包装をよく見ると、、、ややっ、鐘の後ろに誰かいます。



1960年に始まったベルマーク運動も、企業がその本業以外で、
社会と関わる姿勢が窺える、切り口のひとつではあるのでしょう。

もっとも、ある特定のラベルやモノサシで比べることの意義も、
時には視野をじゅうぶん広くとった上で、再検討は必要だと思います。

















  1. 2009/10/16(金) 12:18:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

灯りのある暮らし

油の灯り

やや古くなり食用には適さなくなった油を使って、昔の人のように
皿へ注いで火を点し、ひととき過ごしてみました。ほんのりゴマの香りも。










  1. 2009/10/13(火) 23:01:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タイヤが六つのF1レーサー ☆ ルパン三世の面子

タイレルP34モンキーパンチc

車輪は4つじゃなきゃ駄目なんて、誰が決めたんだ!
1970年代には、こんな個性派がF1グランプリを。優勝もしています。

当初の設計意図としては、空気抵抗の低減を考えていたそうですが、
むしろコーナー進入時の安定した挙動が、利点としては大きかったとのこと。

入り口で前輪がハネても、グリップは倍のタイヤ数のため平均化されますね。
モデルと思われる車両は、タイレルのP34です。 ( Tyrell P34 )




タイレルP34裏b

裏側にも、興味深い図柄がてんこ盛り。




モナコを走るP34の、フロントを主に映した動画
http://www.youtube.com/watch?v=o9FARe6QLP4













  1. 2009/10/11(日) 10:18:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

学ぶ機会を多くの人へ - 放送大学

白黒放送大学トリム済みc

あらためて学校へと通うことは難しくても、いろいろなことを学んでゆくのは、
年齢や立場を問わず大切ではないでしょうか。知ることで世界も広がります。

主にTVやラジオで授業を受けられる、日本の放送大学という仕組みも、多くの方へ
開かれている素敵な場です。私も以前に、好きな科目を少しだけ。受信は無料です。

関心のある領域を体系的に理解したいのであれば、自分でただ本を読むだけだと、
気付かないうちに、見落としている部分や側面も、少なくないと思います。

申し込んでの受講まではしなくとも、面白そうだと感じる科目をいちど聴いてみると、
よくある宣伝や広告だらけの放送とは、かなりの隔たりがあって新鮮かもしれません。

日本全国で視聴でき、衛星放送(CS放送のスカパー!SD)は、
TV205Ch、ラジオ500Chで。関東一部エリアには地上波もあり、
TVはUHF16チャンネル(アナログ)、FMは77.1MHz。ケーブルTVもあります。

上の画像は、今年の7月にアナログ地上波で放映された際のものです。












  1. 2009/10/11(日) 00:09:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

地域の残した知恵 - wisdom against fire

できることなら、火による災いとは、無縁で暮らしたい。
これはほぼ全ての方にとって、共有できる望みでしょう。

京の都を散策中、何度も見かけて感心したのは、道路脇の防火用水。
消火器よりも敷居が低く、これなら通行人も初期消火を手伝えそうです。




防火用水1

ブリキのバケツがお似合いです。間口も綺麗なお宅でした。



防火用水2

街を歩くと、道に面した少なからぬ家で、この備えは見られました。
日本には木の家が多いのですから、このひと手間は賢い工夫だと思います。







  1. 2009/10/09(金) 08:23:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

茅ヶ崎の海

茅ヶ崎の水平線b

ずっと遠くまで見渡せるってのは、気持ちの良いものです。
しごとの帰り道、気分転換にちょっと散歩しました。





茅ヶ崎の生き物b

砂浜には見たことのない生き物が。思うに魚の一種でしょう。








  1. 2009/10/07(水) 22:13:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

峠に茶屋がありました - チロル三色だんご

ちろる三色だんごb

ゆかいな袋のデザインに、つい手に取ってしまいました。

日本も江戸の頃には、いったいどんな暮らしがあったのか、
などと想像させてくれる、技ありのパッケージ。旅は徒歩が当然らしい。

この商品に限らず、チロルチョコのメーカーが出すものは、
ちょっと独特で面白いと思います。価格がお手頃なのもいいですね。










  1. 2009/10/01(木) 22:23:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バケツで臨界、から10年

痛ましい放射線による事故を1999年9月30日に起こしてから、もう10年です。
東海村でのお粗末な出来事は、その背景までしっかり解明されたのでしょうか。

同じような事故を防ぐためのエッセンスが抽出され、広く知られるように
なっていてしかるべきですが、どうも既得権益を守るためか、あまりに不十分。

亡くなられた作業員のある方は、放射性物質を扱うイロハも知らされてない、
非正規雇用の労働者だった筈。これも人件費削減の、行き着く姿でしょうか。

事故からは離れますが、地域の過疎化等で自治体の存続すら危ぶまれると、
そこへ補助金などを誘いにして、原発関連施設をつくりましょう、
というアプローチがよくあります。しかしその先に何が待っているかを、
丁寧に考えてからにすべきでしょうね。郷土へ負の遺産を残さないためにも。

もちろん、暮らしにエネルギーの供給が必要だというのを、否定はしませんが、
そもそも放射性物質、危険な状態があきれるほど長く続く物質を扱う発電へ、
大きく依存していくという日本の方針は、どこで誰が決めたのでしょう。

日本はある種の仕事っぷりでは、良い評判を勝ち得ているようですが、
お粗末な仕事ばかりが続く領域も、まだ多くが残されてるようです。

多くの税金が投入され、情報を持ち、チェックをしておくべき側が、
結局お咎めなしでやり過ごすのは、この事故についてもみられます。

力を持った大きな組織が、その存続のためにはいかに知恵を絞り、
策をめぐらすのかは、ひとりひとりがしっかり認識しておきたいものです。








  1. 2009/10/01(木) 10:15:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

 ・きょ豆♪

Author: ・きょ豆♪
豆系

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ふろっぐくろっく

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。