きょう豆曜日 ・ Today Peaday +

一言メッセージ :様々な立ち位置から、改めて見てみたい。小振りな乗り物と散歩好きが綴る放浪の記。よろしくお願いします。

生きている灯り

ラバライト

白熱電球で生じる熱を利用し、ガラス管内のロウのようなものが溶けることで、
この不思議な光景が。暑くなるので冬限定ですが、ついついじーっと見てしまいます。













スポンサーサイト
  1. 2009/11/29(日) 22:32:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あなたの町は住みよいか - 公共サービス市民満足度向上マニュアル

あなたの町は住みよいかb

はたしていま暮らしている地域の、公共サービスは満足すべき水準なのか。

そう捉えて、よそとの比較をしていくことで、自治体のありかたを
それぞれの立場から考え、より住みやすいものへと変えていけるのでしょう。


序文より - 
民間企業が提供する競争原理にある製品・サービスは利用者の満足度は高い。
そのことは本文中で明らかになっている。しかし、地域独占事業には競争原理が働かず、
利用者の満足度は低く、なかなか高まらない。官が提供している公共サービスでも、
料金制をとっているものは、「受益」と「負担」の関係が明確である。
これらは、満足度は「非常に」高いとはいえないが、問題は少ない。問題なのは、
公共サービスのうち、税金を使って行っているものである。これらは、

1)独占事業であるうえに、
2)「受益」と「負担」の関係が曖昧(あいまい)なため、

利用者にどれほどの利益をもたらし、また負担を強いているのか、利用者自身が
わからないだけでなく、サービスを提供している者(官)ですら知らない。
あるいは、知る必要もないためかもしれない。
何よりも、最大の問題は、普通の民間企業なら当然有している経営上の危機感覚が
あまりにも育っていないということである。


全体の構成としては、次のようになります。

 第一章 「市民満足度」の高い自治体をどうやってつくるか?
 第二章 公共サービスはどんな問題をかかえているのか
 第三章 現在の公共サービスに市民は満足しているのか
 第四章 自治体の総合満足度はどう測り、どう評価すればよいのか
 第五章 満足度向上マニュアル
 第六章 今後の自治体サービスへの期待
 第七章 満足度ランキング


また、満足度ランキングから、ごく一部を紹介します。

警察署ベスト3
 1位 鳥取県 倉吉市 倉吉警察署
 2位 東京都 港区  高輪警察署
 3位 長野県 駒ヶ根市 駒ヶ根警察署

警察署ワースト3
 1位 兵庫県 尼崎市 尼崎中央警察署
 2位 福岡県 北九州市門司区 門司警察署
 3位 埼玉県 飯能市 飯能警察署


全体として、きちんとした問題意識に基づき、わかりやすく書かれた
良い本だと思います。市民満足学会、という学会の方々がつくられたようです。

比較・検討をするための基盤になる情報が、組織の都合で隠されることの無いように、
ひとりひとりが注意を払い、フェアで頑張り甲斐のある社会にしていきたいものです。














  1. 2009/11/29(日) 00:51:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

希望の詩集 - やなせたかし

希望の詩集 やなせたかし

リサイクルショップの片隅で、表紙に目が留まり、手に取ってみれば
やなせさんの詩集でした。冒頭にあった作品をご紹介しましょう。


<希望の星>


 いまつらくても

 かなしくても

 夜がどんなに暗くても

 朝の来ない夜はなく

 かわかない涙もありません

 私をたよりにしてください

 あなたの心の空にひかる

 私は希望の星なのです



なお、この詩集は贈り物として企画されたものらしく、この本も裏表紙を
開けたところに、「16才のお誕生日おめでとう」と、鉛筆書きでありました。

アンパンマンの作者として知られていますが、いい詩もたくさん残されてますね。
あの有名な「てのひらをたいように」も、いのちと多様性を讃えた、素晴らしいうたでした。











  1. 2009/11/27(金) 22:19:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

持続可能な社会の構築 - スウェーデンからのメッセ-ジ -International Policy Seminar :Toward Establishing a Sustainable Society

持続可能なスウェ-デン資料


この先も、やっていける社会にするための取り組みを、
主に北欧スウェーデンの前線から、紹介する催しです。

国立国会図書館の、調査及び立法考査局というところが主催し、
基調講演は元防衛アナリスト、今はスウェーデン政府で環境、健康、
そして持続可能な発展を担当する職にある、アニタ・リンネルさん。


この辺りについては門外漢とも言える私ですが、だからこそ今回は
学ぶところが大だったと思います。問題の扱い方や、よい結果を
出すための勘所を、民主主義の先達から聞けたように。
配布された資料から、講演要旨の冒頭部分と結論を載せておきます。


【はじめに】
この講演は、スウェーデンにおいて、「持続可能な社会の構築」のための
総合的な政策的取り組みがどのように策定されたかについて紹介するものです。
こうした政策的取り組みは、国レベル、地域レベル、地方レベルといった
様々なレベルにおける実践につながっています。この講演では、スウェーデンにおける
主な経験と成功要因についても述べてみたいと思います。

【おわりに】
結論として以下のように言うことができるでしょう。すなわち、持続可能な社会に向けた
スウェーデンの取り組みは、次の2つの要因が備わっていたからこそ成功したのだということです。
その要因の一つ目は、政策的取り組みが成功するための5つの重要な性質(SMART:
明確で、測定可能で、受け入れられた、実現可能な、時間で区切られた)を
備えているということです。二つ目として、政治家、研究者、専門家、そして様々な
ステークホルダーが、それぞれの役割に伴う責任を受け入れ、
建設的な貢献を果たしたことが挙げられます。


つぎに基調講演の全体を通して、私の印象に残った点をいくつか。

・スウェーデンは憲法に「持続可能な発展」が盛り込まれている(2003に)。

・1992年リオのアジェンダ21で、全ての国は
 持続可能な発展の計画立てを、求められていた。

・責任がうやむやにされないための工夫がある。

・25年先のあるべきイメージをまず明確にし、
 そこから何が必要なのかを考える。

・用いた手法は、スウェーデンの国防研究に際して使われていたものだそう。

・かって塩素漂白を止める際、製紙業界の反発はスウェーデンでもあったが、
 廃止にこぎつけた。



最後に演者がプロジェクターで伝えていたことを、そのまま載せておきます。
 
 Final reflexions

-Different countries have different context for policy work.

-What are the obstacles and opportunities for Japan?




 (なお、この日に発表された内容については、
  次の3月頃までに国会図書館のサイトで公開されるそうです)



























  1. 2009/11/27(金) 09:03:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

竹やぶ - the bamboo grove

竹林

ここではそよ風が吹くだけで、さらさらと音がします。

日本にもかぐや姫のお話が残っているくらいですから、
竹ははるかな昔から、このアジアに生えていた植物なのでしょう。

また、根が絡み合って強固な地盤を作るため、地震の際には
ここへ逃げ込むと安全なのだそうです。もしものときはご参考に。















  1. 2009/11/25(水) 23:13:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

バイクで高校へ

CBX125FFR.jpg

先日のこと、ステムのベアリング打ち換えを済ませたCBX125で、
近所を軽くひとまわりし、ついでに足を伸ばし母校の校門で記念撮影を。

私の通っていた高校には、決められた制服というものがなく、
そのせいもあってか自由な雰囲気で、3年間をのびのびと過ごせました。
これは学生運動が盛んな時代に、先輩により勝ち取られたものだそうです。

この時、近くにいた生徒たちへ目をやれば、制服を着ている子が大半でした。
もしや好きな服を着る自由が、いつのまにか失われたのかと心配になり、
そばにいたひとりの男子生徒に聞いてみました。

どうやら服装が自由なのは今もそのままですが、制服を楽しむ目的で、
着用している生徒が多いから、とのこと。ちょっと安心しました。
そういえば私の同級生の女の子も、気が向くとセーラー服でしたっけ。

高校に限らず、どの学校へ通うのが良いか、いろんな意見はあるでしょうが、
自主性を重んじ、受験一辺倒ではないところを、私はお勧めしたいですね。
別に日本の学校でなくとも良いと思いますし。むしろ個人の自立には、
しばらく外の空気を吸ってきたほうが、長い目で見ると良いのかも知れません。











  1. 2009/11/25(水) 00:11:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

まんがはじめて物語 - 保存食

まんがはじめて物語b

そもそもはじめは、どんな風にしてこの世に現れたのか。

身の回りにある様々なものの、ルーツを探るアニメ番組が以前にあり、
これはそのブックレット版です。主人公はモグタン。おそらくモグラ。

偶然に古書店で手に入れたこちらは、保存食がテーマでした。
食品の保存法などわからない、原始時代を皮切りに話は始まります。
19世紀の初めに、ナポレオンが懸賞金1万2千フランで募集した結果、
ビン詰めによる保存法が、パリのお菓子屋主人により開発されたとのこと。

後半にあった、工場で鯨肉の缶詰が生産されている光景は、いまや貴重。
他にも鉄道、自動車、文字、消防、石油、新聞、ラジオ、こよみなど、
幅広いテーマで放映されていました。大人でも充分に見応えありそうです。



(TBS系テレビ全国放映  ブックレットは国際情報社より)














  1. 2009/11/16(月) 18:10:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カラクリが、広まらなけりゃ、乗り切れる - 大手メディアのOBを、人事院が雇っていた意味

国会の資料館1
(平成20年度の一般会計予算書の下に、特別会計の予算書がありました。
 どうやら国会へはずっと提出されてきたようです。参議院見学時に撮影。)



合法的に世論をコントロールし、引き続き職場の繁栄を図ってゆくには、
どこへ手を打つのがいちばん効果的か。そう考え、知恵を絞ったのでしょう。

公務員の待遇を決める立場の人事院という組織は、大手新聞社などのOBを
数十年前から職員として採用することで抱き込みを図り、現在に到るようです。

大半の新聞などでは、特別会計や公務員の厚遇を取りあげるのに、
いままで不自然なまでに及び腰だったのも、これで納得ができました。
なるほど日本という国の借金も、こんなにまで膨れ上がるわけです。

もちろんこの構造が、大手メディアで前面に報じられることはほぼありません。
なぜかと言えば、そんなことをしたら先輩が、新しい職場で立場を無くし、
後輩としては義理が立ちませんから。目上を敬え、との思想を利用です。

ネット上にも検索エンジンで、「人事院」「マスコミOB」などと
入力すれば、見過ごせない癒着の一部が、複数のソースから窺えます。
wikipediaの記述でも、人事院3トップのうち2人がマスコミOBだと。

また、国会議事録の検索も今はネット上で出来ますから、そちらからも
裏づけは取ることができます。私も充分に調べ切れてはいませんが、
読売(愛川)と毎日(神田)のOBがいたことは議事録から確認済みです。
また、今年2月には産経から千野境子が人事官候補に。これは不同意となる。

世間で槍玉にあげられている天下りとは違うので、何ら問題はない、
とでも判断しているのでしょうか。しかし、これでいいとは到底思えません。
新聞の定期購読率が日本では諸外国より高いことに、こんなアキレス腱があるとは。
記者クラブという島国ならではの制度や、政府・行政の広告発注も問題ですが、
この人事院ポストをマスコミOBへと与えることは、影響が大きいです。

国会の場で人事官(人事院の幹部3人をこう呼びます)を決めるのは、
もう明日17日を予定しているようです。せめて人事院の総裁は、元官僚でも、
マスコミOBでもない、税金を取られる側の代表とすべきです。

投票日以外でも、ぜひ議員の側とコミュニケーションを取りましょう。
意思を伝えるなら、選挙区の議員か立候補予定者、あるいは下記政党へ。


民主党  http://www.dpj.or.jp/
     本部 TEL:03-3595-9988(代表) FAX:03-3595-9961

社民党  http://www5.sdp.or.jp/

国民新党 http://www.kokumin.or.jp/

自民党  http://www.jimin.jp/index.html
     本部 TEL:03-3581-6211(大代表)FAX:03-5511-8855

共産党  http://www.jcp.or.jp/
     info@jcp.or.jp



国会の資料館2b
(参議院の参観ロビーに掲げられていた、国会の働きについてのパネル。)












  1. 2009/11/16(月) 01:27:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水たまりのある道

水田マリ

アスファルトで舗装された道は、なるほど雨でぬかるんだりはしませんし、
まるでいい事づくめのように思えます。舗装を生業とすればなおのこと。

未舗装路の水溜まりを、散歩の途中に見つけてよろこぶのは、
小鳥かアメンボ、あるいはよっぽど物好きの人ぐらいでしょうか。

もっとも井戸水や湧き水と親しみたい向きには、雨が大地へと滲みこむ流れを、
再び見直すのも有意義ではないかと思います。また都市型豪雨での河川増水と、
それによる被害を避けたい向きにも、この経路を小さな小さなダムとして見れば。

それに私は、水溜まりのせいで狭まった通路で、行き交う人がさりげなく、
譲り合ったりする姿もまた、好ましいものだと思います。いかがでしょうか。





(上の画像はけさ散策中に、中央線わきの隘路で撮影したものです)













  1. 2009/11/15(日) 14:00:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブーブー・ジ・エレファントのパッケージ BO-BO THE ELEPHANT AVON

bbtheelepahnt7e.jpg

水かけっこをして無邪気に遊ぶ、小象をテーマにしたようです。
箱の中には桃色の、象のボトルのシャンプーが。おそらく1970年代のもの。

この絵はいい絵です。もっとも象牙を目当てに追い回され、
住処を追われたのですから、エレファント界でのヒトの評判は、
推して知るべし。ふむふむ。踏む踏む。ズシンズシン。

かわいいパッケージデザインに、つい熱帯雨林へと誘われそうです。

















  1. 2009/11/13(金) 10:26:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

壁の命日、各紙はこう扱う - 20th anniversary of the fall of the Berline Wall in the papers sold in Japan

壁の命日b

左端は新聞休刊日のため、朝日新聞ページの無いヘラルドトリビューン9日分。
ニューヨークタイムスの世界版、という位置づけだそう。この日の紙面には、
ベルリンの壁崩壊に関した記事がいくつもあり、他とは別格の扱いでした。
一面の写真は、1989年当時に撮られた、民衆がまさに壁を打ち壊している場面。

中央はデイリーヨミウリという、読売新聞の英語圏向け改訂版のようなもの。
一面の写真に使われているのは、20周年記念のセレモニー風景です。10日分。

右端は日本語の読売新聞10日分。発行部数ではなんと、こちらが世界最多だそうです。
日本語を困難なく読める人数の少なさと、この新聞の発行部数が世界一だということは、
併せて考えると何を意味しているのでしょう。セレモニー写真はさらに小さく。

こうして並べると、一面に載せている写真の違いだけからでも、
何か気づくことがあるのではないでしょうか。歴史に残る壁の崩壊がもつ意義も、
各種のフィルターを通したあとでは、かなり異なるものと受け取られそうです。














  1. 2009/11/10(火) 23:00:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東京モーターショー2009 - TOKYO MOTOR SHOW 2009

09モーターショー0

カーオブザイヤーの30回を記念し、第1回からを振り返る企画が。車両はトヨタのMR2。






09モーターショー1b

「私の思い出の愛車」、というコーナー。時代も好みも様々です。
わたしの親が乗っていたスバルのR-2も、パッチリお目目で並んでました。






09モーターショー2b

月光仮面のつもりで、バイクにまたがっている姿が。いい写真を残したものです。










  1. 2009/11/10(火) 22:23:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

王様だって人間ですから - ヨージヤマモト民事再生手続き

ヨージヤマモト

ファッション界の中だけに留まらず、一般の人にもデザイナーとして知られた
山本耀司さんですが、彼の創業したヨウジヤマモト社は、
この2009年の10月に、経営が破たんをしたのだそうです。

ファッション週刊誌WWDジャパンの記事では、本人の談として以下のように。

「当社は、経営に関しては社長あるいは経営責任者に任せ、
 僕はデザイン活動に専念してきた。僕は経営にタッチしないし、
 経営トップはデザインに対して口を出さないのがルール。
 6人ほどの社長が経営を行ってきたが、こうした事態になったのは
 (経営を)任せすぎたためだと思う。僕には良い情報は耳に入るが、
 悪い情報は入ってこなかった。僕は裸の王様であり続けて来た。」

主には、海外への投資が裏目に出たとの事です。会社の再建に当たり、
東ハトで中田英寿さんを起用した方が会長となるのだそう。

ちょっと前に、音楽の世界で名を成した小室哲哉さんが、
諸般の事情により負債を抱えた際は、つい一線を踏み越えてしまい、
不祥事として記憶に残る結果になりました。当時も裸の王様との表現が。

その事件との比較はいくらか乱暴かもしれませんが、山本耀司さんは
犯罪へ手を染めてしまうこともなく、再出発の道を見出せたのは、
よかったと思います。過ちはそれとして認め、再び頑張るというのなら、
ヨージヤマモトもコムロテツヤも、応援してあげたいと思います。



















  1. 2009/11/10(火) 22:11:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大衆食堂 花梁山泊

大衆食堂 花梁山泊

来るもの拒まず、去るもの追わず。それが当店の方針です。

充分な量をご用意してますから、奪い合わなくても大丈夫。
なお、溜めた食事代のツケは、本人が生きてるうちに働いて払うこと。

まもなく2号店も、すぐ近くに開店の予定です。どうぞご贔屓に。

















  1. 2009/11/07(土) 10:26:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

しばられちゃって、焼かれてブゥ

しばられちゃって、焼かれてブゥ1

自家製の焼豚を、昨日お肉屋さんで分けてもらいました。作り手と売り手が一緒です。






しばられちゃって、焼かれてブゥ2

場所は、手塚治虫をはじめとした漫画家たちのいた、トキワ荘近くの味楽百貨店。

お話を伺ったところ、お店はじめてもう50年とのことです。
ご夫婦の息もぴったり。研ぎに研いだ包丁は、雪国の軒先でぶら下がる、
ツララにようになっていました。なるほど半世紀は伊達じゃない。

どうかお元気でご商売を、続けて欲しいものです。また買いに行きましょう。











  1. 2009/11/07(土) 09:51:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

扇の要、オセロの四隅

人事院のトップに、元事務次官が置かれようとしていますね。
私の思うに、トップは公務員未経験者、そしてあくまでもその補佐として、
事情通の元官僚も入れる、といったところが妥当でしょう。

国民全体へ奉仕をすべき立場の集団が、特別会計などの隠れ蓑の利用を、
前例ゆえに当然の権利だとして、ここまで財政状況を逼迫させたはずです。

本当に国民への奉仕者なのであれば、労働報酬として手にするものは、
国民全体の平均収入とするのが、適正な水準ではないでしょうか。
もちろん年金生活者や失業者、生活保護受給者も含めたうえで。

ところがいままでの人事院が良しとしてきた水準は、
大企業の正社員と同程度に、というものでした。なんとお粗末な。
エリート意識で肥大化した自己を、映してくれる鏡は少ないですからね。

人事院は公務員の働き振りを評価する組織ですから、その組織の人事は
正にかなめになる部分です。また、組織の独りよがりな評価ではなく、
国民全体に喜ばれる良い働きをした職員には、ちゃんと報いるべきでしょう。

おそらく今の与党も手が足らず、四苦八苦しているのでしょうが、
不必要なところで受験秀才にピンハネされ、見直しの出来ない社会は、
きっちり変えていかねばなりません。人手が足りなければ、
情報提供なども含め、手伝おうという有志は少なくないはず。

ぜひ透明性をしっかり高めて、国民に選んでもらえる国に。
赤ちゃんが自ら、生まれてくるのを拒否したくなる国に,、未来などあるはずが。

なお、意見を伝える先としては、憲法で定めた国権の最高機関である、
国会の構成員、つまり代議士や議員、そして政党のスタッフが良いでしょうね。
有権者と議員側のコミュニケーションは、選挙以外の時も大切にすべきです。












  1. 2009/11/05(木) 23:50:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

きょうリトマス試験紙 - 光る仕事はどこに?

ある仕事の良し悪しを判断するのに、こんな問いかけはいかがでしょう。

「それは異なる立場からも支持されるものか?」

また、このように言い換えても内容は変わりません。

「それは不利益の外部化に過ぎないのではないか?」



もちろん自分の働き、自分が所属する集団の働きを、
かけている色眼鏡を外して知るのは、やや難しいことですが。

思い出はいつも美しい、としておきたくなるものですからね。







  思い出は美しすぎて - 八神順子 
  http://www.youtube.com/watch?v=GmPxUSBhGGE
















  1. 2009/11/01(日) 11:18:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

 ・きょ豆♪

Author: ・きょ豆♪
豆系

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ふろっぐくろっく

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する