きょう豆曜日 ・ Today Peaday +

一言メッセージ :様々な立ち位置から、改めて見てみたい。投票権あるなら、備忘録をぜひ。小振りな乗り物と散歩好きが綴る放浪の記。よろしくお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

地球の船 - 船舶切手の詰め合わせ various ships in stamps

船の切手ヨコ550

どんな人が乗り、どこから来て、どこまで行くのでしょう。

いろいろなくにのさまざまな船を眺め、そして目を閉じ思うと、
なんだかとっても自由な気持ちになれます。海の先にはまた大地。

上の包みは昨年の末、良く行く商店街でだいぶ前から営まれてる、
コインや切手を扱う小さなお店で分けてもらいました。

硬貨や切手というのはごくごく小さく、頼りなげなものですが、
全体像へと思いを馳せる、ひとつの手がかりとも言えますね。















スポンサーサイト
  1. 2010/03/17(水) 03:38:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

呼んでないのに来た弾丸 - 沖縄でのTV報道から

沖縄の流れ弾


住宅街の中にまで、大粒(12.7mm)の流れ弾が飛んで来るとは、
あまり歓迎したくない話です。人に当たれば当然、、、。

上の画像は2008年の12月、沖縄の金武町に駐車してあった車、
トヨタクラウンのナンバープレートに、めり込んでいた弾丸です。
報道によると数字の8の下半、右肩部分に着弾したようです。
ご存知かもしれませんが、ここの町に隣接する米軍基地は、
キャンプハンセンと呼ばれています。画像は沖縄でのTV報道から。

先の大戦で負けてから65年、沖縄返還からも37年経っています。
そもそも地政学的に重要な場所だからといって、ずっと沖縄へ負担を
引き受けてもらうというのは、改めて考えれば変な話ではないでしょうか。
すぐ近くに米軍の基地があることで、起きた事件はきりがありません。

日本にある米軍基地の75%が沖縄に集中していることで、
だれかを不当に苦しめているとしたら、声高な主張に流されること無く、
現状追認の意味を、よく検討すべきだと私は思います。
  1. 2010/03/17(水) 03:16:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ご長寿ノート

ご長寿ノート

10年以上の長きに渡り、使っているノートパソコン、
OSはウィンドウズ98Second Editionです。
さすがにだいぶ前に一線は退き、普段は控えに回っているのですが、
ここぞと言うときには今も元気に活躍を。
今夜も出張先の宿で、調べものなどに重宝しています。

ある時は私の不注意から、ホットミルクを本体にこぼしてしまい、
もう駄目かと思いました。その後、なんとか素人修理で持ちなおしてくれ、
それ以来、いくらか愛着があるのも確かです。道具としても
まだ十分に機能するので、お払い箱にするのもちょっと可愛そうですしね。

ところで、自動車や家電製品などの工業製品について、
その生産から廃棄までのサイクルをここそこで比べてみると、
どうも日本で使われたものは、かなり短命なのではないでしょうか。

一概に良い悪いなどと結論付けられることではないですが、
まわりの流れから一歩離れて、私たちが何気なくしている行動に、
どういう意味があるのか、考えてみるのは大切だと思います。


























  1. 2010/03/11(木) 23:24:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夜の散歩のごほうび

北斗七星トリム済み横550

ひしゃくの形が北の空に。外の空気を吸いに、出てみてよかったです。













  1. 2010/03/11(木) 04:09:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今昔物語 エコカー補助金の巻

鉄腕アトムが紹介したトヨタのプリウスや、ホンダのインサイトなどの自動車は、
少ないガソリンでよく走ることもあり、しばらく前からよく売れています。

量産ハイブリッド車の発売は1997年からですが、累計販売台数は
トヨタのみでも、すでに200万台を越えてるそう(2009年8月末)。

もっとも化石燃料が便利で貴重なのは、今も昔もあまり異論のないところでしょう。
少し時代をさかのぼり、戦中の政府広報誌から、COで走るバスの記事をご紹介します。

出典は、アジア歴史資料センターがウェブで公開している雑誌なのですが、
ある号では木炭自動車製造工場での写真に添え、以下のような記述がありました。

「普通のバスは約六百円くらいで木炭バスに改造することが出来るが、
この半額は政府の補助がある。」(写真週報 昭和13年5月4日号より)

動力を得る仕組みとしては、木炭を不完全燃焼させて出る一酸化炭素を燃料にし、
エンジンのピストンを動かすのだそうです。馬力はやはり弱くなるらしいです。
私の祖母はバスに乗車中、上り坂では降ろされ、バスを押す羽目に、と聞きました。

かって日本がガソリンの供給を絶たれた背景には、いろんな事情があったのでしょうね。

お時間のあるときにでも、当時の日本や世界のことを振り返ると、
これから先に向けて、何かいい手がかりがつかめるかもしれません。





 - - - - - - - - - -

 アジア歴史資料センター 写真週報の特別展
(当時の日本の空気が居ながらにして感じられる、よい展示企画です)

 http://www.jacar.go.jp/shuhou/home.html















  1. 2010/03/09(火) 00:05:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

船に乗っていらっしゃい

浪に帆 琉球の布地横400

琉球の古い布に、こんな柄があるそうです。これはポストカード。
沖縄は元々、交易を大切にしてきた歴史があるようですし、
この波間に見える船の帆は、縁起のいい柄とされてきたのでしょう。


















  1. 2010/03/05(金) 00:07:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

 ・きょ豆♪

Author: ・きょ豆♪
豆系

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ふろっぐくろっく

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。