きょう豆曜日 ・ Today Peaday +

一言メッセージ :様々な立ち位置から、改めて見てみたい。小振りな乗り物と散歩好きが綴る放浪の記。よろしくお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

赤の忍者 - Red Ninja - kawasaki 250cc para-twin 4cycle

赤い忍者

目を引く赤いオートバイは、川崎重工のつくったニンジャというモデル。
赤いから、くの一用かもしれませんが、忍者だけにライダーの姿は見えません。

以前に人気を博したトップガンという映画があります。俳優トム・クルーズが扮する
主人公の、同名モデル900ccにまたがるシーンが、作品中には数多くありました。

実はモーターサイクルのメーカーとしても、一時はレースのライダーとしても、
日本は世界でもかなり力のある存在です。意外に感じる方も少なくないでしょう。

しかしこの国では乗り物としての魅力より、まず先に危険性を取り上げたり、
騒音を出す一部の乗り手を、迷惑な存在として槍玉にあげる報道が、過去を
振り返ると本当に長く続いていると、私は感じています。何か事情がありそうです。

車体にまたがり、スロットルをひねってガソリンを送り、空気には重さがあるのだと
肌で感じ、気温の変化・湿度の変化・潮の香り・花の香り・焚き火の煙の匂いなど、
部屋に籠(こ)もっていては伝わってこないものがこの世には沢山あるんだと、
バイクで走れば自然に気付くことができます。自転車にエンジン、が祖先ですから。

もちろん安全には充分配慮した上で、機会があったらぜひ多くの方に、
こういった乗り物の面白さを、知っていただけたらと思います。商売抜きでね。












スポンサーサイト
  1. 2010/05/31(月) 12:44:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コン・チキ号とわたし- エリク・ヘッセルベルグ  KON-TIKI OG JEG - Erik Hesselberg

コンチキ号とわたし横420

筏(いかだ)のコン・チキ号に乗り込み、太平洋を西へ7000km、
南米ペルーから無事ポリネシアにたどり着いた、その冒険の絵日記です。

航海中、表紙の甚平鮫(ジンベイザメ)とも束の間たわむれましたが、
視力の弱い彼らは先導役の小魚と協力し、互いの利益を図るのだそう。

もちろん危険な目にもたくさん遭うのですが、個人が何かに挑戦する事を
尊ぶ環境が、クルーの社会にはあったのでしょう。作者は北欧の方です。

海外では1950年に、日本では1980年に出版された本ですが、
当時よりもむしろ現在のほうが、読者に驚きと喜びを、分けてくれそうです。


訳 松下 裕 文化出版局





















  1. 2010/05/28(金) 11:39:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ものがたり 「五円玉のたいよう」 と真鍮の硬貨  

五円玉のたいよう

地域にある図書館というのは、利用者にとってありがたいものです。
必要な情報へのアクセスも、施設が有るのと無いのでは、大違い。

この間のこと、いろいろなキーワードで図書館の蔵書を検索していたら、
数十年前に角田光男さんが作られた、素敵な物語にばったりと。

お話の中で五円玉を太陽としているのは、現行の五円玉ではなく、
国会議事堂と鳩と梅の描かれた、昭和23年と24年のみ発行の硬貨が、
念頭にあってのことでしょう。穴の開いた太陽なんて変ですし。

やっと戦争が終わって、平和が来て、民主主義の世の中になった。
そして国民が20歳になれば、今は男女を問わず、国会議員を選べる。
そんな喜びが刻まれた金色の円盤なら、太陽と呼びたくもなるでしょう。

お話を紹介するのは控えておきますが、敗戦後間もない頃が舞台か、
リヤカーを引く小学生が登場するなど、設定も今読むと新鮮。
大人でこそ気の付くような含みもあり、味わい深い作品でした。


























  1. 2010/05/25(火) 23:32:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雄しべを鞘で待たせる花

鞘で雄しべを待たせる花2

特徴のある蕾(つぼみ)の形に目を引かれました。生クリーム?
きのう散歩の途中で初めて知った花です。木の高さは3mほど。


鞘で雄しべを待たせる花1
なんとなく興味をひかれ、じっくりと薄桃色の花を見ていたところ、
面白いことに気が付きました。雌しべは中心から一本だけ出てます。
そして雄しべは同じように中心から、こちらは10本出てきます。

ところがよく見ると、雄しべの先端は、花びらの中の待機所へ、
頭を突っ込んだまま、しばらく時を過ごす、そんな約束があるようです。

どんな合理性があるのかは不明ですが、自家受粉をうまいこと
避けるという戦略かもしれません。不思議の種は付きません。













  1. 2010/05/16(日) 10:11:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

巴別塔 = バベルの塔 = Tower of Babel

数学でお馴染みの記号を用いて、同じものを指す表現を三つ並べました。
バベルはかつて地上にあった国、バビロニアに由来するようです。

たとえ予備知識が無くとも、その字面から大意をつかみやすい点では、
表意文字の漢字による表記、巴別塔(ともえを、分かつ塔、の意)が、
最も良いものだと感じます。日本でも古くからある、あの三つ巴の、塔。

そもそも一般には、意思の自由な疎通を許しておけば、互いの相互不信が
生まれることも少なく、災厄の芽を育てずに済む場合が多いのでしょう。

ところが誰しもひとたび雇われる身となり、例えば広報、ある意味で
宣伝工作が担当すべき業務として命ぜられると、内外で情報の格差を
作り出すことが組織からの要請となり、引き受けた仕事の核となります。
それが家族のため等と、ひたすら出世を目指せば、危うさは増すばかり。

島国である日本では、ついつい良しとされがちな詰め込み主義により、
本来は欠かせないものであった、知る経路の迂回路が、結果として
再び根絶やしにされ、惨禍を生むことの無いよう希望します。




バベルの塔書初め匿名版

                 


 ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~




参考事項

クレヨンしんちゃん(Crayon Shinchan)
バビル2世(横山光輝 Babiru Nisei Yokayama Mitsuteru)
ウェルナー・カール・ハイゼンベルグ(Werner Karl Heisenberg)
破壊者のトラウマ(著 小坂洋右)
アイヒマン(Otto Adolf Eichmann)
冬の兵士(Winter Soldier)
Burning Conscience(イーザリーの著作、および元兵士の告発プロジェクト)
宮本政於(Miyamoto Masao、元厚生官僚)
B29ストレートフラッシュ号のノーズアート(B29 straightflush noseart)
Claude Eatherly
昭和二十三年発行穴なし五円玉(5 yen coin non-holed)
アムネスティ(Amnesty)
















  1. 2010/05/15(土) 10:59:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

七星天道 LADYBIRD(英)

てんとうむし

さんぽ中に見つけたテントウムシ(ナナホシテントウ)は、
暖かい日だったからか、とても活発に動いていました。

これは多くの国々で、縁起のいい虫とされているようですね。

人間とは違った視点で、地球の表面を眺めているのですから、
何か私たちの気付かないことを、知っているかもしれません。








  1. 2010/05/13(木) 16:58:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

机上の人 ゲバラ (Ernesto Rafael Guevara de la Serna , on a desk)

ゲバラのマウスパッド

男前の不適な面構えは、世界中で人気のようですね。
Tシャツへこの顔がプリントされていたり、中南米製の瀬戸物ビーズや、
また、ある国では硬貨の上へも、彼の顔が刻印されています。

Wikipediaで彼のことを語る言語の数も、あまりに多くて驚きました。
いま英語版で確認したところ、110の言語で! ロゼッタストーンもびっくり。
好き嫌いや評価の良し悪しは脇においても、関心を呼ぶ人のようです。

また、乗り物としてのモーターサイクルを私は好きなのですが、
彼は若い頃、愛車にまたがり南米大陸をあちこちと
旅行していたそうなので、ついつい贔屓目に見てしまいます。

なお、日本は核兵器で2回、爆撃されたという過去を持つ国ですから、
彼が昭和34年の7月26日に広島を訪れ、原爆慰霊碑の前で
参拝した事実を、憶えておいて欲しいと思います。(*1)

上のマウスパッドは、ボリビアへの渡航歴もある、父へプレゼントしたものです。
好きな人なら、嬉しい製品でしょう。製作はテキサス州DelawareのLEADWORKS。








(*1) 昭和34年(西暦1959年)7月26日 日曜日の、
   中国新聞 広島東部版 第六面 左下の記事より)











  1. 2010/05/08(土) 08:35:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

赤い鏡を透して - Through the Red Looking-glass

色眼鏡を透して見る宇宙

なぜ赤い色は、注意を引きつけるのか。

闘牛場の牛に教えてもらわなくったって、
ちょっと考えればわかりそうです。
外に出て、手のひらを太陽に、透かして見れば。

某紙によるとギリシャでは街で火の手が上がり、死者も出たそうです。
一部の者が国の権力を握り、不都合さを隠蔽してきたツケだとの声も。
赤字を隠してはいけません。日本も米国も他人事ではありません。


。。。 ~~~ 。。。


上の画像は、透明樹脂の消火器ケースを透して見た、駅前の商店街。
あるリサイクルショップの前に備え付けてあった、火消しの道具です。



















  1. 2010/05/07(金) 12:18:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

可視化された日本国憲法 - やさしいことばで - マガジンハウスより

やさしいことばで日本国憲法

どことなく、とっつきにくい存在だと憲法を見ている方も、かなり
多いのではないかと思います。やすい-にくい比で、2-8あたり?

もっとも敗戦して間もない頃は、市民の側に平和憲法を歓迎する気持ちが、
とっても強かったようですが。当時に打ち出された多くの貨幣は、見ると、
民主主義のシンボルである国会議事堂の姿が、あちこちで光っていました。

こちらの書籍は、やさしい話し言葉で綴った日本の現憲法を、
ひろがりを感じる背景画の上で見せてくれる、一種の絵本です。

翻訳者としてここで名前が出ている池田香代子さんは、他の書籍、
ソフィーの選択、世界がもし100人の村だったら、夜と霧(新訳版)、
そして映画の字幕では、ベルリン・天使の詩、などでも仕事をされています。

ここで3つの条文を紹介しますね。13、21、23条を。

第13条
すべての人々は、個人として尊重されます。
法律をつくったり、政策をおこなうときには、
社会全体の利益をそこなわないかぎり、
生きる権利、自由である権利、
幸せを追いもとめる権利が、
まっさきに尊重されなければなりません。

第21条
集会をひらいたり、団体をつくったりするのは、自由です。
考えを述べ、出版などのあらゆる方法で発表するのは、
自由です。
検閲をしてはなりません。
通信の秘密を侵してはなりません。

第23条
なにをどのように研究するかは、自由です。


おとついの記念日は、憲法へと関心を向けるきっかけを、
がんばらなくても手にしやすい、そんな日でしょう。

いまの社会を包む枠組みへ、めいめいで落ち着いて眼を向けることも、
やっぱりたまにはしておかないと、おそらく先細りだと私は考えています。

































  1. 2010/05/05(水) 07:35:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大人となっ?

大人となっ


京都の街で、掲示板に貼られていたポスターです。2009年の夏に。
モデルの魅力だけでなく、考えさせるアプローチが見事だと思います。












  1. 2010/05/03(月) 07:47:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

 ・きょ豆♪

Author: ・きょ豆♪
豆系

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ふろっぐくろっく

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。