きょう豆曜日 ・ Today Peaday +

一言メッセージ :様々な立ち位置から、改めて見てみたい。投票権あるなら、備忘録をぜひ。小振りな乗り物と散歩好きが綴る放浪の記。よろしくお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

誰が背筋を凍らせる - Who's send shivers down the spine?

send shivers down my spine

新聞の一面に、どんな絵を持ってくるかは、
出版する側のやる気が窺えるところだと思います。

NHKの影山日出夫解説委員の件で、不穏な余韻の残る中、
8月14日の英字紙ジャパンタイムスは、歌川国芳の浮世絵に
"SHIVERS DOWN THE SPINE"とのタイトルを。

このフレーズで少なからぬ人は、Queenの曲Bohemian Raphsodyの一節を
思い起こしたのではないでしょうか。歌詞にはこうありました。

"Too late, my time has come
send shivers down my spine
bodies aching all the time..."

曲の歌詞は全体として、殺人を犯してしまったある貧しい男が、
後悔の念に震えつつも母にそれを告白するが、結局は
社会から退場を命ぜられる、そんなお話だったかと思います。

影山さんの件。そしてその一週間ほど前にあった、
映画評論家・音楽評論家の今野雄二さんの件。
このあたりで、背後に何かが無ければ良いのですが。

すぐの解明は難しいでしょうが、事件に関心を持ち続ける人が
途絶えてしまうことなく、また、真相の解明を求める市民の声が
止まなければ、いずれは全てが明らかになることだと思います。













スポンサーサイト
  1. 2010/08/26(木) 21:52:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小泉八雲ゆかりの地、新宿 - Here lived LAFCADIO HEARN

よそから来た人の新鮮な視点で、日本に関しての著作をいくつも残した、
ラフカディオ・ハーンという方がいました。生まれはギリシャのレフカダ島。

アメリカの新聞記者として明治23年に日本を訪れた後、
小泉セツさんと結婚をし、思いのほかこの地が気に入ったからか、
日本に帰化をして、最後の日まで過ごされたそうです。

新宿にはハーン氏の住まいもあったことから、記念の石碑や、
彼の名を冠した公園などもあります。先日たまたま街角の地図板を見ていて、
ふと小泉八雲との名前が目に留まり、これら施設の存在に気付きました。



小泉八雲石碑大久保小学校前
記念公園のそばにある新宿区の大久保小学校では、
道路脇にこうして石碑を立てています。アルファベット書きされた
この碑の上部を、拡大したものが次の画像です。


小泉八雲石碑大久保小学校前石碑のガンマ
見過ごせない表記がここにあります。Septemberを簡略化し、Sep'と
刻んでいるようですが、'(アポストロフィー)の形に驚きました。

現在一般にはアポストロフィーあるいはカンマとされている記号は、
かつてギリシャ文字のγ(ガンマ)であったのかも知れません。

ついでながら、ハーンさんはこの辺りへのこだわりが強かったからか、
学生達に「コンマ先生」などと呼ばれてもいたそうです。(出典確認中)



八雲記念公園アゴラ柱
小泉八雲記念公園です。集会場を思わせるものとして四本の柱が。


八雲公園の説明板

複数の言語による説明を、こうして並べて目にする機会があると、
自然と比べながら見ることになり、いろんな発見へと誘われます。

私はギリシャ語を学んだことは無いのですが、板にある文字列についても、
記号Λはラムダと呼ぶことと、英語での名前LAFCADIOに相当するものが、当然、
ギリシャ語でも刻まれているであろう事から、どうにか音読できるのが不思議。

もしかすると、異文化の間にあるとされてきた壁は、
思ったほど高くは無いのかもしれません。






























  1. 2010/08/24(火) 23:38:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

五福公園 - ごふくこうえん  富山市

日本列島の大陸がわ、北陸は富山に今朝から来ています。
ぶらぶらと街を歩いていても、程よい静けさを感じますし、
住人による掃除も行き届いているからか、散歩も心地良いです。




富山の五福講演入り口

富山市内にある五福公園。ここでは木陰にベンチが、数多く用意されていました。
夏の日中などには、こういった場所で一休みが出来るのも、ありがたいものです。
カフェで涼むのも良いですが、この種の開かれた公共スペースは大切だと思います。
また、市内には他にも漢数字の五を使った町名があり、五が好まれているようです。


富山の五福公園さるすべり

百日紅(さるすべり)の花が一本、花を咲かせていました。
この花弁を良く見ると、どうして木登りが上手なはずの猿も、ついつい
足を滑らすのか、合点がゆきました。単に木の肌が滑りやすそうなため、
と子供の頃は思っていましたが。名付け親の真意が知りたいです。










  1. 2010/08/15(日) 23:06:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お針子の手帖 - Needle Book

ハリボンout
カードの外側

ハリボン1
カードの内側


 - - - - - - - - - 


スピードに魅かれる気持ちは、多くの方がご存知でしょう。

自然界でも、速く動けることで、捕食者から逃げ切れる目も増えますし、
また自分が捕食者の立場なら、おいしい獲物を手に出来るわけです。
さらに、天変地異が起きた場合には、速やかに立ち去る必要もあります。

上の画像にある、紙製の縫い針ケースでは、化石燃料を燃やして走る、
ちょっと古い車が描かれています。スピーディーな縫製のイメージでしょう。

しかし走る車の目的とする地点が、いったい何処(どこ)なのか迄は、
額縁の中では記述が出来なかったのだと思われます。制約はあって当然。

さて、スペインのアーティストにサルバドール・ダリという方が居ますが、
誰かの描いたお針子の肖像画に対し、こんな意味のコメントを残しています。

「私はこの美しいお針子の持つ針が、世界を動かしているのを知っている」

何やら意味深ですが、どう解釈するかは、人それぞれで良いのでしょう。
体を横たえ、チュッパチャップスでも咥えて一服して、なんてのも乙。

思うに気温が高かったり、種々の事情で無理が出来ない環境の下では、
ゆったり構えて次善策を練るってのも、賢いように私は思います。

















  1. 2010/08/14(土) 10:37:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

My Tokyo Guidebook for Travelors. 23:57 August 9 , AD2010

前略ごめんください

私が遠い地に住む友人に向け、多少は私が知っている地域を
素直に紹介したとすると、果たしてどんな案内になるのか。

そんな目線で綴った案内板をつくり、どこかに公開しておくのも
面白いのではと思い、この記事を認めています(したためています)。

日本では東京一極集中の弊が指摘され、もう長いことになります。
もっとも類する問題は、一つの国に留まらず、多くの地に見られます。
例えばスラムを抱えた都市とその周縁部、といったよくある構造にしても。

そもそも、良く知る此処(ここ)ではない遠くの地域が、
実のところ、どんな土地なのか、と思い浮かべるに際し、
第三者の運んだ情報の断片を、想起(そうき)の手懸りにすることは、
完全に拒絶するより受け入れた方が、総じて利益は大きいでしょう。

ただ、情報の伝達に際し、多くの立場の人の様々な事情によって、
運ばれる中身には手が加えられるものだと、改めての確認が望まれます。

鳥の名前にもなっている「サギ」が、漢字では路の下に鳥を位置させ、
「鷺」とされて来たのも、やはり故あってのことでしょう。
機会があればぜひ、辞書をひも解いてその言葉の周辺を見て下さい。

具体的な東京近辺の説明は、長くなりますので別の場に譲りますが、
駅などの要所にある大きな案内表示板には、背景は不明ながらも、
不自然に欠落した部分があることは知って欲しいと思います。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


草々

      平成二十二年(西暦2010年)八月十二日(木)

             きょう豆曜日 管理者    



 - - - - - - - -



 投稿 於 歌舞伎町

 /Individual Tokyo Touristmap xxx.

 8689a


For visitors who have some trouble in reading Japanese,
I here recommend you to ASK a Japanese,desirably,face-to-face.
The Big Map near the station can't tell you real Japan.
Maybe,some guidebook or leaflet,too.



JapaneseCetus in Shinjyukuku W550

The landed Cetus.


Photographed near the Shinjuku station this Summer.
  1. 2010/08/12(木) 20:28:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

豆の全体図を家の中で眺める - der tail und das ganze

豆の全体図を家ん中で味わう

豆の木は、幹も根っ子も予想より、うんと立派でした。

画像の茎は、パスタや米、豆で言うアルデンテ(al dente)どころか、
煮ても焼いても喰えん奴、よっぽど食うに困らなきゃ。(cf.wiki(Eng.))

でも、畑のお肉とすら呼ばれる魅力的な食材、お豆を作り、
一人前にまで育ててゆくのには、この面の皮の厚さも必要、か?

なお、資料の提供は、ご近所にある、型破りで愉快な八百屋さん。
全体像を知る事の大切さを傳える意図で、根っ子付き、なのかも。
美味しかった枝豆は、温暖な気候の、神奈川は三浦半島産だそうです。



酉暦2010年 8月6日(金曜日) 午後21時12分。















  1. 2010/08/06(金) 21:14:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1日でできる あみぐるみ - 主婦の友社 刊

編み包み(あみぐるみ) - 主婦の友社

これは名著、だと思います。毛糸から生き物らしきものが
紡ぎだせるのって、鳥渡(ちょっと)吃驚(びっくり)。

本の回りに並んでいるのは、昔、実家で作ってもらったものと、
最近になって、中南米の手工芸品を扱う店で頂いた指人形です。

ひとつひとつが、ゆっくり眺めると妙に味わい深い、気がします。















  1. 2010/08/01(日) 15:01:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

 ・きょ豆♪

Author: ・きょ豆♪
豆系

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ふろっぐくろっく

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。