FC2ブログ

きょう豆曜日 ・ Today Peaday +

一言メッセージ :様々な立ち位置から、改めて見てみたい。小振りな乗り物と散歩好きが綴る放浪の記。よろしくお願いします。

LGBTへの差別 自民党は容認するのか

<社説>LGBTへの差別 自民党は容認するのか

2018年7月27日 06:01

琉球新報 社説

性的少数者(LGBT)のカップルに関し「生産性がない」と断じる、差別と偏見に満ちた見解が自民党国会議員から出た。看過できない。自民党の二階俊博幹事長が「人それぞれ政治的立場、いろんな人生観がある」と、全く問題にしていないことにも驚く。これが公党の見解なのだろうか。

 自民党の杉田水脈(みお)衆院議員(比例中国ブロック)が月刊誌「新潮45」への「『LGBT』へ支援の度が過ぎる」と題した寄稿で、同性カップルに関して持論を展開した。
 「LGBTのカップルのために税金を使うことに賛同が得られるものでしょうか。彼ら彼女らは子供を作らない、つまり『生産性』がないのです」とし、行政が支援策を取ることを批判した。
 「生産性」という経済的なものさしだけで人を切って捨てる。ナチス・ドイツが優生思想に基づき障がい者や働けない人を「価値なき」者として殺害したT4作戦を思い起こさせる。
 杉田氏は、日本はLGBTの人たちへの迫害の歴史や差別はなかったという。本当にそうか。
 各種の調査で、LGBTの人たちが学校でのいじめや職場での差別を訴えている。だからこそ多くの人がLGBTであることを公にできず、生きづらさに苦しむ人が声を上げられなかった。
 杉田氏は、さまざまな性的指向を認めれば「ペット婚や、機械と結婚させろという声も出てくるかもしれません」と主張する。まともな感覚とは思えない。
 国連はLGBTへの差別や暴力の解消を求めている。日本社会でも積極的な取り組みが始まっているのに、政権与党の国会議員が逆に差別を助長する見解を示した。国際的にも批判されるだろう。
 しかし、自民党では認識が違うようだ。二階幹事長は杉田氏の寄稿について「党は右から左まで各方面の人が集まって成り立っている。人それぞれ、政治的立場はもとより人生観もいろいろある」と、静観する姿勢を示した。自民党はLGBTへの差別を事実上、容認しているように映る。
 自民党内には伝統的家族観が根強く、二階氏自身、6月に「子どもを産まない方が幸せじゃないかと勝手なことを考える人がいる」と述べ、世論の反発を招いた。
 杉田氏も自身のツィッターに「先輩議員から『間違ったことを言っていないから、胸を張っていれば良い』と声を掛けられた」「自民党の懐の深さを感じます」と書き込み、党内の意見を紹介している。
 自民党は2016年に「性的指向、性自認の多様な在り方を受け止め合う社会を目指す」との基本方針を公表したが、形骸化していると言わざるを得ない。
 少数者の人権を尊重し、異なる価値観の人々を受け入れる多様性ある社会を目指すのが国会の役割だ。一議員の問題で済まされない。
スポンサーサイト



  1. 2018/07/29(日) 11:10:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いまの日本は国際条約に違反してるのでは?

日本も結んでいる、たばこ規制枠組み条約というものがあるのですが、
その13条には、タバコ広告、販売促進、スポンサー活動の禁止が
うたわれています。

ところが日本中にあるコンビニなどでは看板に大きく「たばこ」と
書かれている場合がほとんどです。店内でもレジの後ろの壁面に、
タバコ自体をずらっと並べてる店が大半です。

これらも、広告や販売促進にあたると私は思うのですが、
ルール違反もみんながやっているなら仕方がないということでしょうか?


cvssignb.jpg
  1. 2018/07/15(日) 15:45:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パレスチナ人への人権侵害に疑問を持つイスラエル人もいる

アムネスティのサイトより



 - - - - - - - -



何度逮捕されても、人権侵害には手を貸したくない

卒業したら軍隊へ。イスラエルの高校生の進路は決まっています。イスラエル軍に入隊すれば、銃を持ってパレスチナ被占領地域に入り、住民を支配することになります。2014年3月、こうしたイスラエル政府の占領政策に反対する高校3年生50人がナタニヤフ首相に宛てて兵役を拒否する手紙を書きました。彼らは、イスラエル軍によってパレスチナの人びとの人権が侵害されており、戦争犯罪にあたる行為が日常的に続いていると訴えました。兵役を拒否すれば、軍に逮捕される。それでも、パレスチナで起きている人権侵害に手を貸したくないと彼らは言います。

「イスラエル軍による暴力は受け入れがたいものです。僕はあらゆる暴力を憎みます。」

オマール・サードさん(18歳)はこれまでに良心的兵役拒否で7回投獄されました。投獄された日数は140日あまりにおよんでいます。オマールさんは、相手が誰であろうと銃を向けることはできないと語っています。

「パレスチナの人びとにも平等な権利を認めるべきなのに、誰もそれについて語ろうとしない。僕はこんな状況に加わりたくない。」

ネイタン・ブランクさん(21歳)は、兵役免除となるまで繰り返し投獄され、160日近くを軍刑務所で過ごしました。 ネイタンさんは、15歳のときに、300人を超える子どもたちが犠牲となったイスラエルのガザ侵攻で徴兵に疑問を抱き始めたといいます。

兵役を拒否して投獄されるイスラエルの若者のために、あなたの力をお貸しください。
  1. 2018/07/13(金) 22:31:13|
  2. 雑感とオピニオン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

麻生太郎氏の街頭演説 池袋駅東口


麻生太郎氏の街頭演説を聞きに、2009年夏の衆議院選挙投票日前日に池袋へ行きました。その中から一部だけをここに記しておきます。

ー - ー - ー - ー - 

今の世の中どうも、暗い話が多い。景気が悪いと言われますが、しかし思い出して下さい。今から64年前、昭和20年8月の暑い夏の日でした。日本中焼け野原になったといってもおかしくない。我々の世代では、誰でも拭いきれない思い出です。そういう記憶がある。しかし、ああゆうふうに厳しい状態にあった日本が、今日、64年経った今、資源も無いのに世界で一二を争う程の経済大国になり、のし上がり、夜1人で女性が街を歩いていても安心できる国になりました。そして先進国で平均寿命が世界で一番長い国になりました。

そういう安心で豊かな暮らしが出来る国になったのは誰のおかげか。間違いなく我々とその親父、お袋、おじいさんやおばあちゃんのおかげでしょう。決してあきらめず日本の明日を築くために皆で力を合わせて頑張ったからです。

今の日本も厳しい状態ではありますが、あの時を思い出し、頑張っていかなければならない。

 (一部音声不明瞭なため、不正確な部分があります)

ー - ー - ー - ー - 

なるほど焼け野原になった直後と今とを比べれば、はるかにいい世の中になったと感じる方がほとんどでしょう。そして1955年以降ほぼずっと政権を担っていた自民党のおかげで今日がある、と言外で主張しているように私には感じられました。また、先人を称賛すべきとの部分は、儒教国日本なら賛成出来る人が多い部分だと思います。

しかし、程よい間隔で政権交代が起きる社会の方が、民主的で良い社会になると私は考えますので、権力を持った人の発言でも落ち着いて吟味していくべきだと思います。願わくばこれからも多くの方が政治への関心を持ち続け、日本や世界のためになるような選択をしてくださいますように。七夕の日の午後、書斎にて。
  1. 2018/07/07(土) 15:43:58|
  2. 雑感とオピニオン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

 ・きょ豆♪

Author: ・きょ豆♪
豆系

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ふろっぐくろっく

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する