きょう豆曜日 ・ Today Peaday +

一言メッセージ :様々な立ち位置から、改めて見てみたい。小振りな乗り物と散歩好きが綴る放浪の記。よろしくお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ルネもやるね

「方法序説」を読んでます。

どんな本かと簡単に言いますと、、、こんな邦題がつけられてもいます。

「もろもろの学問分野で、正しく理詰めで真理を探究するための方法についての考察」

思うに、正しく考えることや適切な判断を下すことを、妨げるものって結構多いです。

そういったものに振り回されたり、目を曇らされたりすることなく、
しっかりと考えるには、どうするべきなのか。

そのことについての、彼の主張がつづられています。

例えば、その一部を抜き出すと、

「われわれの見解のベースというのは、ある特定の英知に基づくのではなく、
慣習や事例に根ざした部分のほうがずっと大きいと考えるしかなかった。」

などと書かれてます。

なるほどごもっとも、なんて思えるところも随所にあり、なかなか読んでて面白いです。

著者は17世紀ヨーロッパの人、ルネ・デカルトさん。



いま3分の1まで読み進んだところです。

なお媒体は紙でなく、テキストデータをPHSの画面で読んでます。
20060212071134.jpg

電話機にしては比較的大きな液晶画面だからか、
いまのところはストレス無く読めてますね。

こういう風に読書のスタイルも、時の移り変わりに伴って、
少しずつ変わって行くのでしょうか。

紙の本も、もちろん私は好きです。

なお、プロジェクト杉田玄白、というサイトで、この本の邦訳は入手しました。
ただし、いま確認したところ、現時点では公開されてないようです。

著作権フリー版というものが私の手元にありますので、ご希望の方は内緒モードで連絡を。

プロジェクト杉田玄白
http://www.genpaku.org/index.html
スポンサーサイト
  1. 2006/02/11(土) 07:13:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<自立の意味 | ホーム | グリコのおまけ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kyomame.blog24.fc2.com/tb.php/146-1fbcb6d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

 ・きょ豆♪

Author: ・きょ豆♪
豆系

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ふろっぐくろっく

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。