きょう豆曜日 ・ Today Peaday +

一言メッセージ :様々な立ち位置から、改めて見てみたい。小振りな乗り物と散歩好きが綴る放浪の記。よろしくお願いします。

スヌーピーの哲学

20060502084059.jpg

本は見た目が9割か?

時にはそういう付き合い方も、いいかもしれませんね。

古本屋で出会ったこちら、絵本並みのシンプルさでしたが、

深読みするといろいろ示唆されることもあって、息抜きにもよさそうです。






そして辞書をひいてみました。

哲学とは、、、

1 世界や人生の究極の根本原理を客観的・理性的に追求する学問。
とらわれない目で事物を広く深く見るとともに、
それを自己自身の問題として究極まで求めようとするもの。
古代ギリシアでは学問一般を意味していたが、のち学問の一分野となった。
論理学、認識論、存在論、哲学史、倫理学などの諸領域を含む。

2 自分自身の経験などから作りあげた人生観・世界観。理念。「彼は哲学を持っている」
(小学館国語大辞典より)

とありました。

なるほど、こういうことも生きてく上では、大事そうな気がします。



ちなみに別の言語では、どういう言葉があてられてるのでしょうか。

   日本語 哲学
   中国語 哲學
   韓国語 철학
    英語 philosophy 
  ドイツ語 Philosophie
 フランス語 philosophie
 イタリア語 filosofia
ポルトガル語 filosofia
 スペイン語 filosofía
 オランダ語 filosofie
 ギリシャ語 φιλοσοφία
  ロシア語 общее соображение

ユーロ圏にくらべると、日中韓は似たグループですね。

ローマ帝国の持っていたパワフルさも、そのあとが残ってました。



ついでにWikipediaでも調べてみました。

Philosophy

Philosophy is a field of study that includes diverse subfields such as aesthetics,
epistemology, ethics, logic, and metaphysics,
in which people ask questions such as whether God exists,
whether knowledge is possible, and what makes actions right or wrong.
The fundamental method of philosophy is the use of reasoning
to  eval uate arguments concerning these questions.
However, the exact scope and methodology of philosophy is not rigid.
What counts as philosophy is itself debated, and it varies across philosophical traditions.

これはわりと言い回しが明快で、うまい説明かも。
例をあげてるのがいいね。
スポンサーサイト
  1. 2006/05/02(火) 08:41:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<野営中 | ホーム | パリの小さなアパルトマン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kyomame.blog24.fc2.com/tb.php/243-4ea4f7f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブルー・オーシャン戦略 競争のない世界を

ブルーオーシャン戦略は既に一般的に知れ渡っていますが、本書はそのまさに原点の基本書なので、改めてちゃんと勉強するのに最適でした。すぐに仕事に使えるというわけではないですが、この戦略理論を一通り深く理解した上で、その戦略視点で思考するクセをつけることが重要
  1. 2007/10/16(火) 09:12:48 |

プロフィール

 ・きょ豆♪

Author: ・きょ豆♪
豆系

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ふろっぐくろっく

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する