きょう豆曜日 ・ Today Peaday +

一言メッセージ :様々な立ち位置から、改めて見てみたい。小振りな乗り物と散歩好きが綴る放浪の記。よろしくお願いします。

ひなん生活のためのデザイン

しばらく前から、ガソリン価格は高騰したまんまですね。
騒ぎのおさまらない中東情勢を思えば、まだ当分はこのままかな。
まあ、自家用車以外の交通手段を見直すいいチャンスかもしれません。

陽気にさそわれ、さくじつも自転車で出かけました。
ヒルズのそびえる六本木で、とあるギャラリーまでペダルを踏んで。

会場のル・ベインで開催されてたのは、
サンクチュアリ生活への希望 富樫克彦×近藤康夫展。
災害時に被災者たちが、体育館などで少しでも快適に過ごすためのアイディアですね。

プライバシーを守るための、組み立て容易なパーティションなんかは、
見知らぬ他者と極端に接近した生活を余儀なくされる状況では、
ちょっぴりだけど安らげるスペースをくれそうです。避難所内のシェルター、でしょうか。
20060505094059.jpg

そういえば体育館の床って、そのまま座ったりすると
硬いし冷たいしで、快適とは言えませんね。
そこで大きな座布団代わりに、ウェットスーツの生地で作られた、
車座になって集える敷き物も展示されてました。

適当な部分に穴が開けられ、ポンチョ(一種の雨具)としても使えるそうです。
おまけに収納時には小さく畳め、ポケットになってる敷き物の一部へと、
うまくしまえる仕組みでした。お買い物袋なんかでも、このアプローチ見かけますね。

手触りのいいものにふれて癒されたいとか、遊びが生活の中に欲しいとか、
そういったことも避難所生活では求められるのでしょうね。大人か子供かを問わず。
バランスボール(空気を入れてふくらませる、直径60cm程度のビニール製ボール)を
2つ収納する、フェイクファーのカバーなんてのは、その辺の声に応えるものでしょう。
これは自分の部屋にも欲しいかも。


ところでつい昨日も、南太平洋のトンガで結構大きな地震があったんですね。

とにかく大丈夫なんだ!と盲信するよりも、何かあったときの備えを、
ポイントを押さえて考えておくほうが、より安心して過ごせそうです。




ギャラリー ル・ベイン
http://www.le-bain.com/index.html
スポンサーサイト
  1. 2006/05/05(金) 09:35:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<抜け駆けしました | ホーム | 記憶が一日しか続かない>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kyomame.blog24.fc2.com/tb.php/247-10d49c47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

 ・きょ豆♪

Author: ・きょ豆♪
豆系

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ふろっぐくろっく

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する