きょう豆曜日 ・ Today Peaday +

一言メッセージ :様々な立ち位置から、改めて見てみたい。小振りな乗り物と散歩好きが綴る放浪の記。よろしくお願いします。

医療崩壊 小松秀樹著

20060626202954.jpg

健康に暮らしているぶんには、医療というのはあまり関心を持たれないものかもしれません。

でもひとたび自分や家族、身近な人が病気などをわずらえば、
こういった分野も社会にとって、大事なものなんだなあ、と強く感じます。

日本は平均寿命でみると世界でもトップですね、いまのところ。
もちろん、トップだからこのままで全て良し、なんてことにはなりませんが。

やはり常により良い状況を目指して、議論し、進めていくべき領域だと思います。
その質の向上をどう図っていくかはもちろんのこと、
どの程度のウェイトをその社会で占めるべきか、ということも含めて。

先日購入したこちらの本、「医療崩壊」を読み終わりましたので、
感想を含めて紹介をさせていただきますね。

「小児科救急・産婦人科などを皮切りに、崩壊を始めた日本の医療について、
 現状はどうで、なにがおかしいのか、これからどうしていくべきなのかを
 大病院に勤務する現役の医師がまとめました。

 全体を通してみると、医療従事者と患者間の
 対立と不信感を深刻化させないことが重要だそうです。

 筆者によると、医療がどういうものかについて、患者と医師の間では
 大きな考えの隔たりがあるそうです。

 患者は医療が万能であり病気はすぐ発見され、たちどころに治療できると思っています。
 また、一部の患者は自分への奉仕をあらゆることに優先するよう、医師に求めます。
 一方、医師は医療には限界があるばかりか、危険なものであると知っています。
 そして多忙な業務の中で優先順位を付けて行動せざるを得ないそうです。

 医療問題についてのメディアによる取り上げ方をみると、
 感情に訴えることで作られてきた流れというのは、間違いなくありそうです。
 医療裁判が増えてきたことも、よい面とそうでない面と、どちらもあるのでしょうね。

 この先の日本の医療を考えると、私たちも扇情的な報道に振り回されないよう、
 真に問題になってるのは何か、注意して見ていくべきなのかもしれません。

 損な役割を押し付けられるだけと、多くの医療スタッフがそう感じたとしたら、
 仕事にやる気を感じにくい面も当然あるでしょう。
 そこへも配慮した仕組みづくりが必要との主張には、うなずけるものがあります。
 また、医療サービスが崩壊に近いような状況にまで到ったイギリスについても言及してました。

 著者は自らの立場をはっきりさせた上で、考えの進め方を丁寧に説明し、
 主張はとてもわかりやすいです。」

娯楽的な要素はもちろんありませんが、話の運びがクリアーなので、
さほど負担に感じず理解できたように思います。

人はいずれ死ぬものですが、命には限りがあることを忘れずに、
毎日を過ごしていこうと感じました。
スポンサーサイト
  1. 2006/06/26(月) 20:30:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<サービス精神が旺盛って、こういうこと? | ホーム | ちょっとした博物館なみ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kyomame.blog24.fc2.com/tb.php/288-a23c5b35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

 ・きょ豆♪

Author: ・きょ豆♪
豆系

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ふろっぐくろっく

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する