きょう豆曜日 ・ Today Peaday +

一言メッセージ :様々な立ち位置から、改めて見てみたい。小振りな乗り物と散歩好きが綴る放浪の記。よろしくお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ちひろのことば

20060723215347.jpg

やさしい気持ちになれるような、いわさきちひろさんの絵は、
みなさんも一度くらい、どこかで見かけたことがあるのでは。
昼間行きつけの古本屋でみつけました。

淡くにじんだ水彩絵の具が、無垢なこどもらしさとしっくりきて、雰囲気はドリーミー。
表紙の絵はなんだかちびまるこちゃんみたいで、よく見る子供の絵とは少し違うけど、
これもまたいいです。ちひろさんの描く子供はどの子も、目が特徴的ですね。

こちらの文庫本は絵のほかにも、ことばやエッセイのようなものが収録されていて、
彼女がどんな人だったのかを想像させてくれます。

当時ベトナムの北爆に苦しめられていた現地の子供たちのことを思ったり、
絵を描いていてうまくいかず絶望的になることもあるけど、いつもこんどこそは、
と思いながらかきつづけていたそうです。

また、つぎの文章にはちょっと感動しました。

「大人というものはどんなに苦労が多くても、
 自分のほうから人を愛していける人間になることだと思います。」

作品のすばらしさだけでも、立派なお仕事をされた方だと思ってましたが、
実生活でもひとりの大人として、いろんな責任をしっかり受け止め、
すばらしい方だったようですね。ファンが多いのも納得しました。
スポンサーサイト
  1. 2006/07/23(日) 22:27:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Depression | ホーム | 香りを彩る  -古代の香り、西欧の香水、日本の香>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kyomame.blog24.fc2.com/tb.php/313-8da7f799
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

 ・きょ豆♪

Author: ・きょ豆♪
豆系

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ふろっぐくろっく

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。