きょう豆曜日 ・ Today Peaday +

一言メッセージ :様々な立ち位置から、改めて見てみたい。小振りな乗り物と散歩好きが綴る放浪の記。よろしくお願いします。

過労自殺と企業の責任   川人博

20060821214830.jpg

本人にとっても、まわりの人にとっても、それは辛いことなのでしょうね。

日本の自殺者は1998年以降、8年連続して3万人を突破してます。
交通事故の死者数よりも多いのですから、日本の社会が抱える問題として、
もっと取り上げられるべきなのではないでしょうか。

職を失うことを恐れるあまり、やむなくストレスの多い業務や長時間労働を
受け入れてるケースなどは、確かに私に見て取れる範囲でも少なくないですね。

立場の弱い側が無理をさせられてる今の不幸な状況をなんとか改善させていこうと、
この本の著者、川人弁護士は積極的に活動されてるようです。

女子にも深夜労働が出来るように法改正されたり、裁量労働制の導入で
さらなる長時間労働が予想されたりと、最近の変化にも油断が出来ません。
働く側がなにもしないと、経団連をはじめとする財界や官僚のよしとする方向へしか、
制度の変化はない、と考えるぐらいで丁度いいのかもしれません。

製糸工場で苦しめられた女の子たちも、これじゃあ浮かばれなそうです。
社会のこういった部分へ手が差し伸べられてこそ、美しい国なのでは。

人間が幸せになるために会社の経済活動が必要なのであり、
経済の数字を上げるために人間の生活と労働を犠牲にするのは本末転倒である。
著者のその指摘には、まったくその通りだと思います。
スポンサーサイト
  1. 2006/08/21(月) 21:48:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ファイティングポーズ | ホーム | 安眠妨害の妨害そうち>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kyomame.blog24.fc2.com/tb.php/337-31f9a029
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

 ・きょ豆♪

Author: ・きょ豆♪
豆系

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ふろっぐくろっく

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する