きょう豆曜日 ・ Today Peaday +

一言メッセージ :様々な立ち位置から、改めて見てみたい。小振りな乗り物と散歩好きが綴る放浪の記。よろしくお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ぺぺぺぺらんは、うちゅうせん♪

20060829221711.jpg

幼い頃に強い印象を受けたものって、大人になってから目にすると、
ついつい引き込まれてしまいますね。

ドレミファブックという、絵本と朗読レコードをセットにした出版物に
収録されていたお話です。「うちゅうせん ぺぺぺぺらん」

アンドロメダへ向けて旅立つ宇宙船に、乗り込んだのは
14人の男の子と13人の女の子。男女の数はなぜか合わない。
主人公のよわむしロンが、かわいそうなことにあぶれてしまって、
あげく悲劇的な結末を迎えるという、救いようのないお話です。

子供に向けて与えられるものって、一般にはハッピーエンドのものが多いですね。
その中では、かなり異色のストーリーだったからこそ、記憶に強く残っていたのでしょう。

小学一年生のバレンタインデーで、私が初めてチョコをもらったそのあと、
早くもその子に決めちゃうべきかでしばらく悩んでいたのは、この話のせいだったのかも。

なお、ネットで調べたところ、復刻版を出そうと言う声もあるらしく、
個人的にはちょっと期待してます。CDつきで。

ちなみにお話は、谷川俊太郎さんの作だったそうです。
スポンサーサイト
  1. 2006/08/29(火) 22:35:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<< 東京で開く必要はあるのか | ホーム | プント キッズ 創造力をひろげる親子マガジン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kyomame.blog24.fc2.com/tb.php/375-608fd659
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

 ・きょ豆♪

Author: ・きょ豆♪
豆系

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ふろっぐくろっく

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。