きょう豆曜日 ・ Today Peaday +

一言メッセージ :様々な立ち位置から、改めて見てみたい。投票権あるなら、備忘録をぜひ。小振りな乗り物と散歩好きが綴る放浪の記。よろしくお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

チャンスがあれば、、、 ストリートチルドレンの夢

20071002234936.jpg

アジアのさまざまな国で、路上生活を余儀なくされている
18才以下の子供達を対象にした、アートコンテストが開かれています。
そこでの絵とメッセージを集めた、こちらの本を読みました。

それぞれの子供が描いた絵も、あんまり細部にはこだわらずに、
本人の印象深さによってデフォルメされたようで、興味深いです。

もっとも、絵の題材として選んだものの中には、
長らく平和で経済的にも豊かな国の人から見れば、置かれた状況には
本当に大きな隔たりがあるんだと、気付かせてくれるようなものがたくさん。

子供たちが寄せたメッセージも、読むとこころ洗われる思いです。
いくつか目に留まったものを挙げておきますね。

「ぼくは世界を平和の道へひっぱって行きたい」

「わたしは公害のない村にすみたいの」

「水牛の背中にすわって、笛を吹いてみたい」

「お金持ちになって、ストリートチルドレンや貧しい人たちが、
 学校に行けるようにしたいし、ただで医療サービスを受けられるようにしたい」

解説部分でも指摘されていたように、ほかのだれよりも
貧しい子供達のほうが、困った人や苦しむ人を助けたいという気持ちを、
強く持っているように思いますね。単に身近だからなのか、別の理由もあるのか。

日本の七夕で短冊に書かれていた、子供たちの願い事を振り返れば、
生まれた場所や育った環境が異なることで、望んでいるものって
こんなにも変わるものかと、あらためて驚きます。

主催はアジア開発銀行。奨学金の支給などにもつなげているそうです。
企画も素敵ですし、日本での出版は意義深いでしょうね。




余談ですが、修理好きの私が推すピカイチのコメントは、
パプアニューギニアの、イェイェ・オマケくん(5才)のもの。

「機械をなおす人になるの」

うーん、友達になりたい。
スポンサーサイト
  1. 2007/10/03(水) 01:20:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<星は7つ | ホーム | 部屋ヶ池>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kyomame.blog24.fc2.com/tb.php/539-86d53e72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

 ・きょ豆♪

Author: ・きょ豆♪
豆系

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ふろっぐくろっく

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。