きょう豆曜日 ・ Today Peaday +

一言メッセージ :様々な立ち位置から、改めて見てみたい。投票権あるなら、備忘録をぜひ。小振りな乗り物と散歩好きが綴る放浪の記。よろしくお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

官僚とメディア

20071106213658.jpg

いかにして報道機関が、官僚や警察、政治家などの圧力によって、
そして自らの保身も考えざるを得ない弱さによって、
単なる広報部門へと落ちていこうとしているのか。

ホリエモンのライブドア、自民党政治家が関わるNHK番組の改編、
建築物の耐震偽装、タウンミーティングのやらせ。

こういったまだ記憶に新しい事件にまつわり、新聞などが
どのようにしてあやつられ、抱き込まれ、あげく組織としては
自らの社会的責任に頬かむりするようになったかの背景が、
なるほどと思えるエピソードと共に紹介されています。

当局からの発表をただ伝えることが記事の7割ほどを占め、
広告主のリクエストには譲らざるを得ない新聞などの立場を思えば、
メディアに権力の批判という大切な役割を果たしてもらうためには、
どこか別のところからの働きかけが、必要とされているのでしょう。

著者は共同通信の記者を辞めた後に、フリーの立場から
数多くの著書を出してきた、ジャーナリストの魚住昭さん。

この内容にもかかわらず、なぜだか面白がって一気に読めました。
それは社会のぼんやりと薄暗い部分に、いくらかでも見通しらしきものを
もたらしてくれるからなのでしょう。霧が晴れたスッキリ感のように。

おそらく執筆されたご本人にも、それなりに納得のゆく出来栄えなのでは。
手軽さが魅力の新書は玉石混交ですが、この本は評価に値すると思います。
スポンサーサイト
  1. 2007/11/06(火) 23:21:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ピーターラビットのおはなし | ホーム | たてつけよくなりました>>

コメント

<新書は玉石混合。
本当にその通りで、私はあまり買いません。
How to本然りですね。
こうして、興味深い本を紹介していただけるのは
助かります。
普段は「ダヴィンチ」なんかを参考にしているのですが
やはり、読者の生の声を聞くと
読んでみようかなぁ、という気になります。
と言って、買うわけではなく
図書館へリクエストにGO!なんですけどね(;^_^A
  1. URL |
  2. 2007/11/08(木) 21:37:56 |
  3. りぼんねこ #-
  4. [ 編集]

○りぼんねこさんへ

書店の中をのぞいて見ても、新書コーナーは以前よりも、
こころなしか賑わってるような気がします。
ハードカバーの本よりも、手を出しやすい本が人気なのかな。

しかし出版までのハードルが低いからか、手を出しやすい本には、
内容の薄さが気になるものも、正直少なくないです。
入手前には、ある程度の確認は必要ですね。

ダヴィンチも先日初めて読んでみましたが、
面白そうな本に出合える貴重な場かもしれません。

それにしても図書館の使いかた、お上手です。
リクエストの制度って、本当に便利なんですよね。
  1. URL |
  2. 2007/11/14(水) 07:12:40 |
  3. きょ豆 #WQO6nz4s
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kyomame.blog24.fc2.com/tb.php/543-9908e8d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

 ・きょ豆♪

Author: ・きょ豆♪
豆系

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ふろっぐくろっく

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。