きょう豆曜日 ・ Today Peaday +

一言メッセージ :様々な立ち位置から、改めて見てみたい。小振りな乗り物と散歩好きが綴る放浪の記。よろしくお願いします。

旧ソビエトの社会で、挿絵画家でいること

イリヤ・カバコフ世界図鑑セット


子供のための本に欠かせない、多くの挿絵を描いていた画家、
イリヤ・カバコフの絵本と原画が、美術館で展示されていました。

ちょっとしたイラストや挿絵を見ても、そのタッチや雰囲気、
描かれた題材などには、そこの国や民族が
長い年月の間に培ってきたものがうかがえるようです。

挿絵を見れば、雪の中でそり遊びに夢中な子供たちを描いたり、
キリル文字の一端につる植物のような丸まりを付け加えたり、
演奏している楽器が、三角ギターのバラライカだったりと。

作家とは異なる国で生まれ育った者の目から見ると、
新鮮な驚きに満ちていて退屈しないで楽しめました。

また、1933年に現ウクライナでユダヤ人家庭に生まれたカバコフは、
現在も美術家としてヴェネチア・ビエンナーレなどで
活躍をしている方のようです。

この激動の時代をその立場で生き抜いたからこそ、
語りうるものもやはりあるのだろうと思います。

おまけとして、今回の展示ではぬり絵コーナーがあり、
用意されてた色鉛筆で私も一枚楽しんできました。

iriacows0002b.jpg

牛の背景にはロシア語で何かのメッセージが書かれているそうです。
英語で言うと、"F☆☆K YOU" のようなものらしい。カバコフ氏お茶目。

会場まで足を運んだ甲斐は、充分にあったと思います。
スポンサーサイト
  1. 2008/04/06(日) 08:17:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<UKストリートアートの現在 - WE DIDN'T DO IT | ホーム | タコの足を治してあげました>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kyomame.blog24.fc2.com/tb.php/567-a7b377c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

 ・きょ豆♪

Author: ・きょ豆♪
豆系

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ふろっぐくろっく

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する