きょう豆曜日 ・ Today Peaday +

一言メッセージ :様々な立ち位置から、改めて見てみたい。投票権あるなら、備忘録をぜひ。小振りな乗り物と散歩好きが綴る放浪の記。よろしくお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

バーバパパのはこぶね  Barbapapa's Ark

バーバパパのはこぶねb


世界中で人気者の、バーバパパの絵本。ほんわかした気持ちにしてくれる、
ちょっと小粋なストーリーで、誰しもひととき和んでしまいます。

多くのシリーズのうち、この絵本のお話は、大気汚染や環境破壊などの深刻さにより、
一時ロケットで地球外に避難した家族が、そののち公害対策などが進んだため、
また地球に戻ってこれるようになるまでを、明るいタッチの絵巻物にしています。

一神教の言い伝えが下敷きになっていたり、捕鯨を好ましくないものとして
取り上げている点など、ある種の読み手にとっては多少、気になるかもしれません。

しかし愛にあふれたストーリーと、自由を謳歌するようなイラストのおかげで、
細部にこだわって敬遠するのは、得策ではなかろうと感じてしまいます。

カフェで出会った作者のアネットとタラスが、その場で紙に落書きを
互いにし合ってるうちに意気投合し、生まれることになったバーバパパ。

多くの図書館や書店にも、今もおそらく並んでいることでしょう。
大人にも子供にも、味わい深く暖かい、束の間を与えてくれると思います。
私はこの本ならば、ひと様にもおすすめできますね。
スポンサーサイト
  1. 2008/06/11(水) 06:02:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ひる時に 三角形の重心は つらいよう - スザンヌ・ヴェガ/孤独  | ホーム | 痛ましい事件のあとだからこそ、踏みとどまって考えたい。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kyomame.blog24.fc2.com/tb.php/578-0f6bfc1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

 ・きょ豆♪

Author: ・きょ豆♪
豆系

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ふろっぐくろっく

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。