きょう豆曜日 ・ Today Peaday +

一言メッセージ :様々な立ち位置から、改めて見てみたい。投票権あるなら、備忘録をぜひ。小振りな乗り物と散歩好きが綴る放浪の記。よろしくお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

回って回って回って回ーるーるるるー

回転 NTTのICCb


エジソンの発明した円筒型蓄音機とも、音が刻まれる仕組みとしては
変わりのないレコード盤。実際にいじった記憶をお持ちの方も、少なくないでしょう。

そんなレコードと、そのプレーヤーへの親しみをこめた一連の作品を
先ほど目にする機会に恵まれました。NTT関連の展示施設にて。

いくつもの興味深い試みが紹介されていました。

音が刻まれてはいるものの、素材が氷で出来ているため、
次第に溶けてきてしまうレコード。その回転するさまを映したビデオ映像。

ミヒャエル・エンデの「モモ」を、日本語と独語の両方で
吹き込んだもの。プレーヤーを自由に操作させてくれましたが、
逆回転させても内容を聞き取れるのが、どういうことか不明でした。

回転するレコードの溝を、尖らせた鉛筆の先でなぞらせてくれるもの。
カエルの合唱や、雑草の生い茂った空き地で鳴く虫の音が、鉛筆をつまんだ指を通じ、
振動として直に伝わってきます。触覚への刺激で、印象に強く残ります。

なかなか面白いものを、見せてくれますね。
つくられたのは京都にお住まいのアーティストの方だそう。
仕事帰りに寄りましたが、おかげで元気を分けてもらった気がします。




(八木良太「回転」 NTTインターコミュニケーションセンター)
スポンサーサイト
  1. 2008/06/21(土) 23:03:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<花園の誘惑 | ホーム | きもの全書 大塚末子著 婦人画報社>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kyomame.blog24.fc2.com/tb.php/583-3e74bc29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

 ・きょ豆♪

Author: ・きょ豆♪
豆系

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ふろっぐくろっく

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。