きょう豆曜日 ・ Today Peaday +

一言メッセージ :様々な立ち位置から、改めて見てみたい。小振りな乗り物と散歩好きが綴る放浪の記。よろしくお願いします。

1992 GRAND PRIX DE MONACO

マンセルセナ92モナコ

開催も50回という大きな節目にあたる、欧州モナコ公国でのF1グランプリ。
後にも語り継がれるような、手に汗握るレース展開でした。

ウィリアムズルノーを駆る、おヒゲの情熱家ジョンブル、ナイジェル・マンセル(左)と、
マクラーレンホンダを操るカート育ちの男前ブラジリアン、アイルトン・セナとの真剣勝負。

ここは公道コースのため幅が狭く、追い抜きがしにくいことでも知られています。
ラップタイムでは勝るマンセルの先行を、セナはピットインのタイミングで順位を入れ替え、
残る周回は、後ろに目がついたような巧みなライン取りで首位を守り切り、そのままゴール。

私の母親がなにかの縁で、このレースを現地へ見に行ったそうです。
左のサインは幸運なことに、目の前で書いてもらった、マンセルの直筆サインです。
モータースポーツ好き度では、私が家族で一番と自負してましたが、出し抜かれた気分。

 @ @ @ @ @ @ @ @


つい先日、ホンダがF1グランプリから撤退することを発表しました。
惜しむ気持ちは、もちろん多くのファンが抱いていることでしょう。

しかし、今まで多くの人を楽しませ、勇気を分けてくれたこと、技術を進歩させることで、
まわりまわって暮らしにも豊かさをもたらしてくれたことを、まずは感謝したいと思います。
同社のバイク、小さなスーパーカブが、世界中で果たしてきた役割も、大きいはずですし。

活躍の場が多少変わったとしても、ホンダ持ち前の挑戦する姿勢を失わずに、
再び夢のある、素敵なニュースの届く日を、楽しみに待つといたしましょう。
スポンサーサイト
  1. 2008/12/08(月) 09:09:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<イタリアンでサンドイッチ | ホーム | オリンピック級のコンパクト生活>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kyomame.blog24.fc2.com/tb.php/619-ccabd8b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

 ・きょ豆♪

Author: ・きょ豆♪
豆系

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ふろっぐくろっく

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する