きょう豆曜日 ・ Today Peaday +

一言メッセージ :様々な立ち位置から、改めて見てみたい。投票権あるなら、備忘録をぜひ。小振りな乗り物と散歩好きが綴る放浪の記。よろしくお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

詩と書簡     サムエル・ウルマン Samuel Ullman

Youth、と題された作品で知られた、ある詩人がいました。
彼は1840年に生を受け、息を引き取ったのは1924年。

その生涯唯一の詩集「八十年の歳月の頂から」と、彼の三通の手紙が
一冊の本へと収められ、しばらく前からわたしの手元に置いてあります。

ここで彼の属性などを書き連ねるよりも、詩を味わっていただければ、
彼がどういった人なのかを、お伝えできるのではないでしょうか。





「青春」 ー Youth


青春とは人生のある期間ではなく、

心の持ちかたを言う。

薔薇の面差し、紅の唇、しなやかな手足ではなく、

たくましい意志、ゆたかな想像力、炎える情熱をさす。

青春とは人生の深い泉の清新さをいう。


青春とは臆病さを退ける勇気、

安きにつく気持ちを振り捨てる冒険心を意味する。

ときには、二十歳の青年よりも六十歳の人に青春がある。

年を重ねただけで人は老いない。

理想を失うとき初めて老いる。

歳月は皮膚にしわを増すが、熱情を失えば心はしぼむ。

苦悩・恐怖・失望により気力は地に這い精神は芥になる。


六十歳であろうと十六歳であろうと人の胸には、

驚異に魅かれる心、おさな児のような未知への探求心、

人生への興味の歓喜がある。

君にも吾にも見えざる駅逓が心にある。

人から神から美・希望・よろこび・勇気・力の

霊感を受ける限り君は若い。


霊感が絶え、精神が皮肉の雪におおわれ、

悲嘆の氷にとざされるとき、

二十歳であろうと人は老いる。

頭を高く上げ希望の波をとらえる限り、

八十歳であろうと人は青春にして已む。




最後に同じ本から、もうひとつだけ詩を
ここで紹介させてもらおうと思います。




「スピードの悪魔」 ー The Speed Demon


陽の光まぶしく街に舞い

道にそって光と陰たわむれ

幼き子らおじぎして

かろやかに祭におどる

だが ほら 街角に悪魔の一隊が来る

車だ 人の命は

狂った力に抗えない スピードの悪魔だ

小さな子ひとり往来に倒れ死す


人よ 移動の自由は滅ぼすことか

遊ぶ子に心を置けないほど

商いが大事か

この世に生きる喜びをかえり見ないのか

それほど荒々しく急ぐなら

老いぼれを殺せ 子を返せ





サミュエル・ウルマン詩集b

(サムエル・ウルマン「詩と書簡」 青春とは、心の若さである。
 著者Samuel Ullman、訳 作山宗久 TBSブリタニカ 1989年発行)

スポンサーサイト
  1. 2009/03/25(水) 00:20:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<隠れた小さな逗子の海岸 | ホーム | 鰯の頭>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kyomame.blog24.fc2.com/tb.php/661-de41d667
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

 ・きょ豆♪

Author: ・きょ豆♪
豆系

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ふろっぐくろっく

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。