きょう豆曜日 ・ Today Peaday +

一言メッセージ :様々な立ち位置から、改めて見てみたい。小振りな乗り物と散歩好きが綴る放浪の記。よろしくお願いします。

カラシニコフ

カラシニコフb

道具としての高い信頼性、ほとんど手入れをしなくても故障せず、
期待通りに動いてくれる点から、AK47は評価の高い銃のようです。

イラクのフセイン大統領も、隠れ家で発見された際は手元にこれが。
また、ベトナム戦争でも米兵が、自国の銃よりも当てにしていたそう。
ロシアにおける工場渡し価格は120ドル。日本円で1万円ちょっと。

自動小銃の設計者ミハイル・カラシニコフへのインタビューもあれば、
アフリカの国々で使われ、そこでは痛ましい流血沙汰や国家の不安定さを
作り出している状況までを、筆者が現地に赴いて取材をしています。
マッチョさを大切と考える風土があると、なかなか銃を手放せないとのこと。

工業製品や科学技術などもそうですが、生み出した際の意図とは別に、
将来どんな用途に使われ、どんな役割を担わされるか予測が出来ないというのは、
社会が広く知恵を寄せ合い、賢さを培っていく必要があると解釈すべきでしょう。

島国なせいもあるのか、つい関心が内にばかり向かいがちな日本では、
こういった他所での実情を伝えてくれる場は、ありがたい存在です。












スポンサーサイト
  1. 2009/10/29(木) 22:28:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<イトトンボ | ホーム | 足元には石の臼 - 日本庭園の散策>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kyomame.blog24.fc2.com/tb.php/743-5cffab0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

 ・きょ豆♪

Author: ・きょ豆♪
豆系

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ふろっぐくろっく

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する