きょう豆曜日 ・ Today Peaday +

一言メッセージ :様々な立ち位置から、改めて見てみたい。投票権あるなら、備忘録をぜひ。小振りな乗り物と散歩好きが綴る放浪の記。よろしくお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ものがたり 「五円玉のたいよう」 と真鍮の硬貨  

五円玉のたいよう

地域にある図書館というのは、利用者にとってありがたいものです。
必要な情報へのアクセスも、施設が有るのと無いのでは、大違い。

この間のこと、いろいろなキーワードで図書館の蔵書を検索していたら、
数十年前に角田光男さんが作られた、素敵な物語にばったりと。

お話の中で五円玉を太陽としているのは、現行の五円玉ではなく、
国会議事堂と鳩と梅の描かれた、昭和23年と24年のみ発行の硬貨が、
念頭にあってのことでしょう。穴の開いた太陽なんて変ですし。

やっと戦争が終わって、平和が来て、民主主義の世の中になった。
そして国民が20歳になれば、今は男女を問わず、国会議員を選べる。
そんな喜びが刻まれた金色の円盤なら、太陽と呼びたくもなるでしょう。

お話を紹介するのは控えておきますが、敗戦後間もない頃が舞台か、
リヤカーを引く小学生が登場するなど、設定も今読むと新鮮。
大人でこそ気の付くような含みもあり、味わい深い作品でした。


























スポンサーサイト
  1. 2010/05/25(火) 23:32:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<コン・チキ号とわたし- エリク・ヘッセルベルグ  KON-TIKI OG JEG - Erik Hesselberg | ホーム | 雄しべを鞘で待たせる花>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kyomame.blog24.fc2.com/tb.php/805-abd35619
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

 ・きょ豆♪

Author: ・きょ豆♪
豆系

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ふろっぐくろっく

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。