きょう豆曜日 ・ Today Peaday +

一言メッセージ :様々な立ち位置から、改めて見てみたい。小振りな乗り物と散歩好きが綴る放浪の記。よろしくお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

小泉八雲ゆかりの地、新宿 - Here lived LAFCADIO HEARN

よそから来た人の新鮮な視点で、日本に関しての著作をいくつも残した、
ラフカディオ・ハーンという方がいました。生まれはギリシャのレフカダ島。

アメリカの新聞記者として明治23年に日本を訪れた後、
小泉セツさんと結婚をし、思いのほかこの地が気に入ったからか、
日本に帰化をして、最後の日まで過ごされたそうです。

新宿にはハーン氏の住まいもあったことから、記念の石碑や、
彼の名を冠した公園などもあります。先日たまたま街角の地図板を見ていて、
ふと小泉八雲との名前が目に留まり、これら施設の存在に気付きました。



小泉八雲石碑大久保小学校前
記念公園のそばにある新宿区の大久保小学校では、
道路脇にこうして石碑を立てています。アルファベット書きされた
この碑の上部を、拡大したものが次の画像です。


小泉八雲石碑大久保小学校前石碑のガンマ
見過ごせない表記がここにあります。Septemberを簡略化し、Sep'と
刻んでいるようですが、'(アポストロフィー)の形に驚きました。

現在一般にはアポストロフィーあるいはカンマとされている記号は、
かつてギリシャ文字のγ(ガンマ)であったのかも知れません。

ついでながら、ハーンさんはこの辺りへのこだわりが強かったからか、
学生達に「コンマ先生」などと呼ばれてもいたそうです。(出典確認中)



八雲記念公園アゴラ柱
小泉八雲記念公園です。集会場を思わせるものとして四本の柱が。


八雲公園の説明板

複数の言語による説明を、こうして並べて目にする機会があると、
自然と比べながら見ることになり、いろんな発見へと誘われます。

私はギリシャ語を学んだことは無いのですが、板にある文字列についても、
記号Λはラムダと呼ぶことと、英語での名前LAFCADIOに相当するものが、当然、
ギリシャ語でも刻まれているであろう事から、どうにか音読できるのが不思議。

もしかすると、異文化の間にあるとされてきた壁は、
思ったほど高くは無いのかもしれません。






























スポンサーサイト
  1. 2010/08/24(火) 23:38:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<誰が背筋を凍らせる - Who's send shivers down the spine? | ホーム | 五福公園 - ごふくこうえん  富山市>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kyomame.blog24.fc2.com/tb.php/831-9b790db0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

 ・きょ豆♪

Author: ・きょ豆♪
豆系

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ふろっぐくろっく

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。