きょう豆曜日 ・ Today Peaday +

一言メッセージ :様々な立ち位置から、改めて見てみたい。小振りな乗り物と散歩好きが綴る放浪の記。よろしくお願いします。

ゲーテ格言集

DSCN5061b.jpg

人生経験が豊富な人からの、アドバイス集みたいな本です。

25年くらい前に買いましたが、最近また読み返すと
なるほどと思える格言が多いので、身近に置いてあります。

電車での移動中に、数ページ読んではまた閉じる、
といった読み方です。いくつか気に入ったものを紹介します。


 - - - - - - - -


君の値打ちを楽しもうと思ったら、
君は世の中に価値を与えねばならない。


人生は、いかに平俗に見えても、またいかに日常陳腐なもので
容易に満足するように見えても、やはり常に、あるより高い要求を
ひそかに抱き、養い続けており、これを満足させる手段を探している。


よい人間は暗黒な衝動にかられても、
正しい道を忘れはしないl。


はるかな世界と、広い生活を、
長い年々の誠実な努力で、
絶えず究め、絶えず探り、
完了することはないが、しばしばまとめ、
最も古いものを忠実に保持し、
快く新しいものをとらえ、
心は朗らかに、目的は清く、
それで、一段と進歩する。


人は自分の肉体あるいは精神についてよく考えてみると、
たいてい自分が病気であることを発見する。


われわれには理解できないことが少なくない。
生き続けて行け。きっとわかって来るだろう。


経験したことは理解した、と思いこんでいる人がたくさんいる。


 - - - - - - - -


一番最初に挙げたものは、最初に読んだ時から、いいこと言うなあ、
と感じたのを憶えています。文面も記憶していました。

私はもちろん、楽しい人生を送りたいとは思っているけど、
そうするためには自分が世の中に、価値あるものを
提供しなくちゃいけないんですね。

いろんなことをがんばっていこう、という気にさせてくれました。



以下 Wikipedia から。

ゲーテは18世紀から19世紀にかけて活躍した、
ドイツの詩人、劇作家、小説家、自然科学者、政治家、法律家。
ドイツを代表する文豪であり、小説『若きウェルテルの悩み』
『ヴィルヘルム・マイスターの修業時代』、叙事詩『ヘルマンとドロテーア』、
詩劇『ファウスト』など広い分野で重要な作品を残した。
スポンサーサイト
  1. 2017/06/29(木) 23:38:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<シナモロール Cinnamoroll | ホーム | 映画 はじまりへの旅 Captain Fantastic>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kyomame.blog24.fc2.com/tb.php/871-fc4b56d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

 ・きょ豆♪

Author: ・きょ豆♪
豆系

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ふろっぐくろっく

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する