きょう豆曜日 ・ Today Peaday +

一言メッセージ :様々な立ち位置から、改めて見てみたい。小振りな乗り物と散歩好きが綴る放浪の記。よろしくお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

古代への情熱

img_26.jpg



縄文土器が、土の中から顔を出してる。
私が通っていた小学校の近くには、そんな畑や空き地がいっぱいありました。いまもある。
小学3年生の私には、数千年も前に人間がこの場所で生活していて、
その上、彼らが作った焼き物のかけらが、僕のこの手にある、
ということが、とても不思議に思えました。
確かに人が作ったとしか思えない、縄を転がして粘土に付けた縄文の土器や、
粘土につめを押し当てて模様にした土器などがありましたね。
その頃は欲しいおもちゃを親にねだっても、「次のお誕生日まで待ちなさい」、
なんて言われたら、その数ヶ月が永遠とほぼ等しく感じられたぐらいですから。
数千年前なんて、スケールがあまりに大きいですもんね。

そして平日の放課後と日曜日、暗くなるまで土器拾い+家で水洗い+お菓子の缶にしまう生活、
これが一年ぐらい続いてたかな。そのころの夢は考古学者。

そんな土器に比べれば、生まれたてほやほやなのも確かですが、
デジカメがこの世に出現して間もないころのカメラが、
最近どうもかわいくて仕方ないです。
解像度も35万画素程度と、データで言えば現行モデルとは勝負になりませんが、
デザインなり個性なりを含めた総合的な魅力で判断すれば、
まだまだ私的には、現役としてまったく問題なしです、古代デジカメ。
好きなタイプは、持ち歩くのも楽しい。
今年のGWは連れて歩こうかな。



スポンサーサイト
  1. 2005/04/18(月) 10:11:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<おちょこ | ホーム | ケヤキのトンネル >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kyomame.blog24.fc2.com/tb.php/890-d3e5d247
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

 ・きょ豆♪

Author: ・きょ豆♪
豆系

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ふろっぐくろっく

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。