きょう豆曜日 ・ Today Peaday +

一言メッセージ :様々な立ち位置から、改めて見てみたい。小振りな乗り物と散歩好きが綴る放浪の記。よろしくお願いします。

愛させテクって、

いったい何のことやら。



雑誌は幅広く読むように心がけている、わたくしです。
電車内の中吊りで紹介していた、女性誌の広告に、面白そうな表現を見つけました。
「愛させテク」、これはいったい?
あくまでも、私の感じたところによりますと。
女性は男性に愛されることによって、その存在意義が認められるのだ、という解釈に対し、
そうではなく主導権はこちらの女性側にあるのだ、という主張が感じられる気がするぞ。
確かに女性にとって魅力的な切り口を含んだ、インパクトある表現かもしれない。
自らの側には決定権なり主導権なりが無い状態は、愉快でないと思う人が多いでしょうしね。
もちろん私自身は、現時点の日本でも根強い、性差別に対しては否定的に捉えてますが。
本人にポテンシャルがあるのに、それを生かしにくいような社会状況が、
望ましいはずはもちろんないです。
ま、男女が互いにこういう愛させテクを駆使しあうというのも、
うまく行けば、どっちにとってもうれしい、という方向へ進みそうで、歓迎なんだけどね。

img_105.jpg
ここ日本でなく、別の国に生まれ育ったら、私はどんな考えを持って、どんな奴になるのでしょうか。これはスウェーデンの中学校教科書。人として社会の中で生きていくにあたり、避けて通れない大切なことを、わりかし幅広く取り上げています。法律による権利と義務、消費者としての基礎知識、コミューンの役割、社会保障、恋愛、セックス、結婚、犯罪、男女間不平等、社会的弱者、アルコールと麻薬、など、日の当たる部分だけでなく、社会の負の側面についても紹介してます。自転車泥棒は件数が多いのに検挙率低いのなぜか、といったことなど率直なコメントも多く、気づかされることも少なくないです。個人の、社会への積極的な参加を促すことが、日本に比べるとベースとして流れているように私は読みました。お上のすることにはただ従う、という考えが、主流の国もあれば、個人がもっと主体性を持って、決定に関与すべきだ、という国もあるんですね。

むかーしむかしに読んだ、子供向け豆本、「ちびっ子猛語録」も、型破りで痛快な本でしたが、
あれも原作は北欧だったんじゃないかな。なんとなくこの本とも、相通ずるものを感じました。

img_106.jpg
はたらくのりもの、自転車へん。これなら荷物もたっぷり詰めますね。後部荷台の三方にカバン、ってのもありえるのか。仕事がそのまま運動になって、健康にも良さそう。

img_107.jpg
紅白の餅、に似てますが、缶コーヒー買ったらおまけでついてきたミニ液晶ゲームです。カーレースとかテトリスとかが遊べるもよう。以前ミニテトリスを電車内で遊ぶ光景が、そこかしこで見られましたが、今は携帯電話で同じ事を、皆さんやってるのでしょうね。服や本が、ちょっと昔のものでも深く愛されてることがあるように、こういうちょっとした工業製品なども、古いものを大切に活用するのは悪くないのでは。先日電車内でみかけたのは、50才前後の女性が、1980年代ぐらいの古い液晶マージャンゲームで、楽しそうに遊んでました。うーん、どれ切ろうかな、て表情で。

スポンサーサイト
  1. 2005/07/02(土) 19:09:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<谷の人 | ホーム | 忍者のたしなみ >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kyomame.blog24.fc2.com/tb.php/938-ca545074
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

 ・きょ豆♪

Author: ・きょ豆♪
豆系

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ふろっぐくろっく

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する