きょう豆曜日 ・ Today Peaday +

一言メッセージ :様々な立ち位置から、改めて見てみたい。小振りな乗り物と散歩好きが綴る放浪の記。よろしくお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

世界で一番いのちの短い国  シエラレオネの国境なき医師団

DSCN5066b.jpg

当時約36才だった日本の男性医師が、平均寿命が34才(2002年)という
世界一の短さの、西アフリカのシエラレオネに1年間滞在して活動し、
帰国後まもなく出版された本です。まずは本のタイトルが良かった。

現地の飲み水が体に合わず、ずっと下痢に苦しめられていたり、
日本の5倍はあるゴキブリに悩まされたりしながら、土日も休みを取ることもなく、
診療に、教育にと、精力的に働いていた日々がつづられています。

一般に国際協力の現場では、お金にしても食料にしても医薬品にしても、
どうしても与える側が意識の上でも優位に立ってしまい、押しつけがましくなるのだそう。
筆者はそこには疑問を感じていたようで、現地の言葉を学んだり、現地の習慣や文化を
尊重したりして、対等な関係を築けるよう努めていたそうです。

ちょっぴりほほえましかったのは、妻帯者だった筆者が性欲を抑えるために、
日本からエッチな本を届けてもらったそうなのですが、その本のタイトルは、
「おっぱい星人 ぽよんぽよん」だったそう。

なお、筆者は現在、宇宙船地球号というNPO法人を立ち上げ、運営しているようです。
NPO法人 宇宙船地球号
スポンサーサイト
  1. 2017/07/12(水) 22:31:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<映画 母 小林多喜二の母の物語 | ホーム | 香港の街なかに貼られていたチラシ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kyomame.blog24.fc2.com/tb.php/956-f9ce891f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

 ・きょ豆♪

Author: ・きょ豆♪
豆系

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ふろっぐくろっく

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。