きょう豆曜日 ・ Today Peaday +

一言メッセージ :様々な立ち位置から、改めて見てみたい。小振りな乗り物と散歩好きが綴る放浪の記。よろしくお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

映画 母 小林多喜二の母の物語

DSCN5073b.jpg

蟹工船の作者である小林多喜二の母セキの、子供時代から、
多喜二を失い、戦後1961年に亡くなるまでをつづった作品です。

物語の中心はやはり、おはぎが好きだった次男の多喜二が、小説の執筆を通じて
日本の社会を良くしようとしていたのに、国策に反するからと警察から監視され、
逮捕され、拷問を受けた末に殺されてしまったところでしょう。

国の政策に賛成できない国民の活動を弾圧する、国家権力の冷酷さ、
命がけで声を上げる一市民のひたむきさが、よく描かれていたと思います。

上映前に監督の山田火砂子さんの挨拶があったのですが、
この映画は、わが子を失い悲しむ母親がなくなるように、との思いで撮られたそう。
警察が多喜二を殺した件などもそうですが、より多くの悲しみを産むのは、戦争です。
監督は現在85才で膝が悪いのに、会場まで足を運んでくださいました。

多喜二殺害当時の法律、治安維持法を思い起こさせる、
つい先日施行されてしまった今の日本の法律についても、懸念していました。

また、戦前は「馬鹿にやる米はない」として障害者が餓死していたとの話も、
なかなか印象深かったです。それに比べれば、今は福祉も行き届くようになったが、
最近また福祉の予算が削られ、軍事費などに回されているとのお話でした。

お住まいの近くで上映が無い方でも、近々DVDも出るそうですし、
原作の三浦綾子さんの小説を読んでみるのもいいかもしれません。
スポンサーサイト
  1. 2017/07/15(土) 00:46:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<トヨタ MR2 AW11 | ホーム | 世界で一番いのちの短い国  シエラレオネの国境なき医師団>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kyomame.blog24.fc2.com/tb.php/957-dde7efba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

 ・きょ豆♪

Author: ・きょ豆♪
豆系

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ふろっぐくろっく

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。