FC2ブログ

きょう豆曜日 ・ Today Peaday +

一言メッセージ :様々な立ち位置から、改めて見てみたい。小振りな乗り物と散歩好きが綴る放浪の記。よろしくお願いします。

JアラートとB29

DSCN8313b.jpg

2冊の書籍に同じような記述がありました。

左の書籍、日本が「神の国」だった時代には、空襲時の心得としてこんな記述が。

「退避訓練とは空襲時の心得で、身近にある防空壕へ、なければ物陰に伏せる。伏せると同時に、鼓膜を守るために親指を両耳の穴にしっかりと差し込み、残る四本の指で眼球が飛び出さないよう瞼をおさえ、爆発の瞬間、体が受けた爆風の圧力をぬくために軽く口を開けるという練習をさす。」

これは79歳の私の母が小学一年生の頃に大人から説明されていたことと同じです。

右の書籍は東京都が作り、無料配布しているもので、私は郵便局で手に入れました。

「弾道ミサイル落下時の行動として、メッセージが流れたら - 屋外にいる場合、近くの建物に避難 - 屋内にいる場合、窓から離れる - 建物がない場合、物陰に身を隠すか、地面に伏せて頭部を守る。 近くにミサイルが落下したら、屋外にいる場合 - 口と鼻をハンカチで覆い、現場から直ちに離れ、密閉性の高い屋内または風上へ避難、屋内にいる場合 - 換気扇を止め、窓を閉め、目張りをして室内を密閉。」

B29による空襲時にどう行動すべきかを国民に呼びかけていた当時の大人たちは、少しでも民衆の被害を減らそうとしていた面は当然ありますが、今になって振り返れば頑張りどころを間違えていたように思います。

北朝鮮の弾道ミサイル発射に大騒ぎしていたついこの間の日本も、ピントの外れた対応だったように思います。
外国から攻撃されるとの危機感をあおることで、多くの日本人の関心を、権力者にとって都合の悪いことからそらす意図でもあったのではと勘繰りたくなります。

大きな組織や集団で、その中の担当者は確かに割り振られた仕事を一生懸命こなしているんだけど、全体としてみると縦割りの弊害が出てしまい大きな不幸につながる - そんな状況が昔も今もあるように私は感じています。

悲惨な未来を招かないためにも、知る権利や表現の自由を尊重する社会になって欲しいです。
良心からの内部告発をメディアが取り上げて、社会が少しづつ良くなる、なんてのもいいですね。

スポンサーサイト
  1. 2018/05/02(水) 00:42:33|
  2. 雑感とオピニオン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<憲法記念日の集会 | ホーム | 前川氏が安倍首相に「逃げきれるなら民主主義疑う」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kyomame.blog24.fc2.com/tb.php/979-3b8914a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

 ・きょ豆♪

Author: ・きょ豆♪
豆系

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ふろっぐくろっく

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する