FC2ブログ

きょう豆曜日 ・ Today Peaday +

一言メッセージ :様々な立ち位置から、改めて見てみたい。小振りな乗り物と散歩好きが綴る放浪の記。よろしくお願いします。

戦中・戦後のくらしを紹介する、昭和館に行って来ました

DSCN8388b.jpg

皇居のお堀端、地下鉄九段下駅すぐにある昭和館にきのう行って来ました。ここでは1935年頃から1955年頃までの国民の暮らしぶりがわかるように、日常で使われていたものなどを展示してあります。徴兵されて戦地に赴く人へ「武運長久」と刺繍した千人針や、そこに死線(四せん)を超えるということから5銭のコインを縫い付けたりと、出征する人の家族の、切なる願いが込められていたのがわかります。日本人ならぜいたくは出来ない筈だ、などと書かれた看板があったりと、当時の空気を想像できるように工夫されていました。金属を供出したために瀬戸物で作ったアイロンなども。

全体として統制下の制限が多い暮らしへなぜ追い込まれていったのかを、はっきり指摘するようなものはほとんどないので、そこは展示を見た各自に考えて欲しいということなのでしょう。図書室もあるのでそこで資料に触れれば、さらに得るものは多いと思います。私は戦争に至るまでには、教育とメディアの果たす役割が大きいと考えています。あとは表にはあまり出てきませんが、PRをなりわいにする人たちの果たす役割も見過ごせません。
スポンサーサイト
  1. 2018/09/25(火) 17:41:12|
  2. 雑感とオピニオン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「辺野古移設中止を」 海外識者29人が声明 2014年の琉球新報より | ホーム | 憲法についての講演会に行って来ました>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kyomame.blog24.fc2.com/tb.php/995-1ffa8627
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

 ・きょ豆♪

Author: ・きょ豆♪
豆系

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ふろっぐくろっく

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する