きょう豆曜日 ・ Today Peaday +

一言メッセージ :様々な立ち位置から、改めて見てみたい。小振りな乗り物と散歩好きが綴る放浪の記。よろしくお願いします。

株やってます

いまは銀行にお金を預けていても、利息はゼロに近いので、手持ちのお金が
少しでも増えるようにと、しばらく前からネット証券で株をやっています。

初めの数か月は損をすることが多かったのですが、入門書を何冊か読み、
自分でも試行錯誤しながら、最近はなんとか利益を出せるようになってきました。

いまのところ1年半で、177万のプラスです。本格的にやっている方には、
もっと利益を出している方も多いようですが、片手間にやっている割には、
まあまあかな、と思っています。

購入した株が値を上げたときは、気分が良くなりますが、値を下げると
なんとも嫌な感じが続きます。なんだか株価に振り回されてる感じです。

先日イギリスが投票でEU離脱を決めたときは、大きく株価が下がりました。
株をやっていると、世の中の出来事とか変化にも、敏感になるように思います。

いままでのところ、買ったのは安定をしてそうな一流企業の株がほとんどですが、
今後大きく稼ごうと思ったら、まだ出来て間もない会社の株などにも、
手を出さなければいけないのかもしれません。見慣れない会社の将来がどうなるのか
見通しを立てるには、少し勉強が必要かな。
  1. 2017/06/16(金) 20:27:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

のらくろの漫画さしあげます

DSCN5049b.jpg

DSCN5047b.jpg

DSCN5048b.jpg

田河水泡の描いた漫画の「のらくろ」を、
欲しい方に差し上げます。父の愛読書でした。

これは戦前・戦中に描かれたものを、
昭和40年代に復刻して、出したもののようです。

外箱はきれいではありませんが、
漫画としても読めるレベルです。

画像に写っているものを、まとめて欲しいという方に。

ご希望の方は、コメントを秘密モードにして、
住所、名前、連絡先電話番号を書き込んでください。
送料着払いで、近いうちに送る予定です。


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%AE%E3%82%89%E3%81%8F%E3%82%8D

追記:2017年の7月19日に、欲しいという方が現れたので、お譲りすることになりました。
  1. 2017/06/15(木) 19:40:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雑誌 WIRED ものづくりの未来

DSCN5043b.jpg

先日たまたま入ったコンビニで見かけたので、
久しぶりに雑誌「WIRED」を買ってみました。

この雑誌は、「テクノロジーによって、生活や社会、カルチャーまでを包括した
わたしたち自身の「未来がどうなるのか」についてのメディア」、だそうです。

興味をそそられたのは、
捨てない経済 北欧発「リペア・エコノミクスへ」の挑戦
という記事です。

スウェーデンでは、壊れたものを各自が持ち寄り、
修理に慣れたボランティアと共に無料で修理する、
Repair Cafeという取り組みがあるそうです。

モノを大切にするのって、ちょっとかっこいいと思う。
日本にも、おもちゃ病院ってのが、各地であるようですね。

「WIRED」は、ウェブサイトも結構充実していました。

http://wired.jp/

上のサイトには、
「フェラーリのF1マシン、その70年の進化が一目瞭然のGIF動画」
なんてのもありました。

  1. 2017/06/14(水) 20:54:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

きょうは自転車

DSCN5042b.jpg

初めて自転車に乗ったのは、たしか小学校に上がった頃でした。
当然最初は補助輪付きでしたが、しばらくしてから補助輪を外し、
親に後ろから支えてもらいながら、練習したのを覚えています。

足で歩くよりも格段に移動が楽で、遊びに出かける行動半径が
広がるのがうれしく、あちこちへ出かけては楽しんでいました。
行きつけの駄菓子屋に行ったり、ゲームセンターに行ったり、
ちょっと遠くにあると聞いた、防空壕にも行ってみました。

なんでも自転車は、あらゆる移動手段の中で、効率が断トツで良いそうです。
それに近い将来、石油が枯渇しても、自転車ならおそらくへっちゃら。
加えて普段あまり体を動かさない生活をしている多くの人にとっては、
乗るだけで運動の機会になるのも、良いところだと思います。

私は以前、自分用に6台ほど自転車を所有していました。
しかし置き場所にも困っていましたし、モノを減らして
すっきりした生活をしたくなったので、画像にある一台を残し、
他は全部処分しました。

フレームの上部が、水平になっている点が気に入って、この自転車は買いました。
たとえば部屋の壁に掛けた絵の額縁が、きちんと水平になっていると気持ち良いように、
このトップチューブが水平だと、見た目におさまりがいいように感じます。

また、自転車は車やバイクと違って、しばらく乗らなかったら
バッテリーが上がって乗れなくなることもありませんし、
たまにタイヤの空気を補充してやるぐらいで、充分なのもいいところです。

うまくいけば10年どころか、20年ぐらいは平気で乗れそうなので、楽しみです。
  1. 2017/06/14(水) 20:13:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

くつしたの穴 直します

くつ下の穴しゅうりチラシb

どこかでもらった、手書きのチラシ。絵もかわいい。

こんな商売が本当に成り立つのか、気になります。

靴下に穴が開いたら、電話してみよう。

  1. 2017/06/11(日) 09:17:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

黄色い車 BRZ

DSCN5038b.jpg

車を新しくしました。

自分でギアを変えるのとか、
クラッチをつなぐのが好きなので、
またマニュアル車にしました。

運転していても楽しくって、満足です。
  1. 2017/06/03(土) 17:46:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

国立西洋美術館

DSCN5028b.jpg

DSCN5029b.jpg

DSCN5030b.jpg

天気もいいので、久しぶりに上野の美術館に行きました。


常設展は絵画が中心ですが、結構見ごたえがあります。
企画展と違ってあまり混まないのも魅力。観覧料も手頃です。
  1. 2016/05/04(水) 21:36:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

辺野古基金

米軍基地に迷惑している、気の毒な沖縄を応援しようと、
わずかな額ですが寄付してきました。頑張れ沖縄。


(辺野古基金 ゆうちょ銀行 店番708 口座番号1365941)
  1. 2015/05/19(火) 23:15:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

世界がもし100人の村だったら

DSCN5025b.jpg

ひさしぶりに本棚から出して、読んでみました。
十年ちょっと前にかなり話題になって、本も良く売れたので、
ご存知の方もいるかもしれません。

今回印象的だったのは2箇所。

「自分の車をもっている人は7人のうちのひとりです」

100人いたら、たった7人しか車を持てないということらしい。
自分は今ちょうど車を買い換えようかと検討していたところなので、
過度に贅沢をしているような気がして妙にひっかかります。

あとは、

「村人のうち1人が大学の教育を受け 2人がコンピューターをもっています
 けれど、14人は文字が読めません」

大学で学べるのは、100人のうちたった1人とは驚きました。
幸運にも大学に通えた人は、たとえば文字の読めない14人の状況に、
何か関わりを持つべきなのかもしれない、なんて思っちゃいました。

本のカバーを外した中身も、なかなか良いデザイン。

DSCN5027b.jpg
  1. 2015/05/16(土) 20:47:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メーデー

DSCN5020b.jpg

五月一日はメーデーの日です。

自宅で新聞を読み、憤っているだけではいけないと思い、
生まれて初めてメーデーに参加してきました。代々木公園です。

スローガンは、

「戦争する国づくり」反対。安倍「暴走」政治ストップ。
憲法を守りいかす社会の実現。

8時間労働を守れ。派遣法・残業代ゼロなど労働法制改悪反対。
大幅賃上げ実現でくらしの改善、景気回復を。
時給1000円以上、全国一律最賃制の実現。

年金・医療・介護など社会保障制度の拡充。「貧困と格差」の解消を。
消費税10%増税中止、TPP交渉撤退。
被災者が希望のもてる早期復興。原発再稼働反対。原発ゼロの日本。

安倍「教育再生」反対。辺野古新基地建設反対。オスプレイ配備・訓練
反対。核兵器の全面禁止・廃絶を。

です。

集まった人は2万8千人だそうです。集会のあとにはデモをしていました。

  1. 2015/05/02(土) 15:36:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヤグルマギク

DSCN5014b.jpg

矢車菊の花言葉は、「信頼」と「教育」です。
  1. 2015/04/30(木) 23:25:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

立候補する障害者

DSCN5011b


先日の選挙では、目の見えない候補者に投票してきました。

健常者では気づかないこともあるでしょうし、
何かいい仕事をしてくれそうだ、と感じたからです。
名前は宮川豊史といいます。高校生の時に視力を失ったそうです。

また、筆談ホステスこと、斉藤里恵さんは、
東京都北区でトップ当選したようですね。

どちらの方もブログを持っているので、たまに様子を見ていきたいと思います。
  1. 2015/04/30(木) 23:21:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DSCN5008b.jpg

いちど習慣になってしまった方には魅力的なものでしょうが、
健康への害を考えれば、タバコは遠ざけておきたいものです。

商売や税金との関係から、本質がわかりにくくなっていますが、
知識が広まるにつれ、次第に疎まれていくのが自然の流れだと思います。

一本吸うごとに、寿命が7分縮むと説明している本もあります(*1)。
ひと箱20本入りですから、ひと箱吸う毎に2時間20分を失うわけです。

喫煙は薬物依存症のひとつなのですから、病気として治療するのも良い方法です。
今は健康保険の適用もあるので、禁煙外来を利用するのも賢いと思います。





(*1 メルクマニュアル17版、18版より)
  1. 2015/04/28(火) 05:15:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

その子の良さに出番を

近所の小学校のフェンスに、そう掲示してありました。
短いけど、いいメッセージだと思います。

スポーツが得意な子もいれば、勉強が得意な子もいるし、
気持ちのやさしい子もいるんですもんね。

子供の良い部分が活きるように配慮してあげるのが、
まわりの大人に望まれてることなんでしょうね。
  1. 2012/06/07(木) 22:13:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

a wild rabbit in Thailand

img_187057_63006083_0.jpg

sanpo tyuuni mitsukemashita.
tsui sakki unga zoi nite.
  1. 2012/01/01(日) 19:30:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

象 - elephant

上野動物園の象

先日、動物園へ行く機会がありました。

いろんな動物がそれぞれのペースで生活していて、
その姿を見ていると、妙に安心してしまいました。

なかでも体の大きな動物は、動きもゆったりしていていいですね。





  1. 2011/08/07(日) 20:19:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クレー展

クレー展

お堀の端にある、国立近代美術館へ行ってきました。

鳥の島、という小さな作品を初めて知りましたが、
海原にオアシスを描いたようで、気に入りました。

展覧会を見に出かけたのは、本当に久しぶりです。
気分転換にもなるし、たまに行くのは悪くないですね。











  1. 2011/06/12(日) 20:24:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

選挙マッチ箱

選挙マッチ箱2w550


行きつけの古雑貨店で発掘した昔のマッチ箱。右上を見ると、
以前は投票済み証、というものが使われていたようですね。
今でもアフガニスタンの選挙では、指先についたインクを
投票を済ませた証として用いていると聞きました。



選挙マッチ箱1w550

左上の箱を見ると、タバコは市内で買いましょう、国保税納めましょう、
公明な選挙を、と。この三つの主張が合体してるのが驚きです。
当時はさして疑問も持たれなかったのでしょうが、
いま見ると突っ込みどころ満載。ちなみに上2つの箱は木製。

ポパイのイラストにあるスローガン、
「よく見て聞いて考えて」これはシンプルだけど
余韻もあって、一番良い出来だと私は思います。





  1. 2011/04/05(火) 21:29:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

りぼんの金魚

金魚300

折り紙とも、一脈通ずるものがありそうです。









  1. 2011/04/03(日) 20:27:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タイ文字のテンプレート - stationery template Thai language

タイ文字のテンプレートw550

ひらがなを習い始めた頃の記憶は、まだお持ちでしょうか。

私はうっすらとですが、本来の左右を逆にした文字に、
妙な愛着を感じていたことを憶えています。「の」などで。
もちろん周りの大人が、その癖を修正してくれましたが。

さて、画像のタイ文字テンプレートは、現地で文房具として
売られていたものです。メダカの赤ちゃんみたいな記号が、
わんさか泳いでいて壮観。ヘビのような姿も多く見えます。

アラビア数字がタイ数字と、並んでいる部分が有るので、
そこは多少なじみ易いですね。タイ数字の「1」、「0」などは、
見比べるとその文字の形から、担っている意味までもが
推察できるのではないでしょうか。有と無という意味が。

タイ語の学習者としては、私はまだよちよち歩きなのですが、
こうして手元にちょっとした小道具があると、楽しみながら
進んでいけるように思います。

それでは、ラーコーン(さようなら、の意)。










  1. 2011/01/19(水) 19:41:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

多彩さが鍵(かぎ) - i the Diversity is the Key !

アレンキーとヘルプカード横550

  あけまして

  おめでとう

  ございます
 
 本年もどうぞよろしくお願いいたします。

               
      一月三日 きょう豆曜日管理人
                    

 - - - - - - - - -



画像で上にあるヘルプカードは、日本語、中国語、韓国語と
英語で書かれた、名刺サイズのレスキューカード。いい案です。
困ったときはお互い様、という賢い慣用句もありましたね。
東京都の生活文化スポーツ局が昨年3月に発行し、配布をしています。

そして下にあるのは、六角レンチ、あるいはアレンキーと
一般に呼ばれているもの。スイスの工具メーカーPB製。
いわゆるねじ回しの仲間ですが、カギかっこの形をしています。(了)















  1. 2011/01/03(月) 03:52:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

失礼をいたしました。

拝啓

配慮のない記事があったことを、深くお詫びいたします。

敬具


  1. 2010/11/07(日) 19:42:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

知らない土地の古い地図 ; Maryland & Albuquerque Santa fe , on a map

メリーランドとサンタフェの地図

いっぺんも訪れたことのない場所でも、そこはいったいどんな風に
なっているのか、静かに想像するのは楽しいです。思いの外。

先日ぐうぜん入った津田沼の古着屋に、米国の道路マップがありました。
お店の方が買い付けの際に使ったものを、古い書籍のように捉えて店内へと。

そして会計時、少しだけ他所の話を聞かせてもらいました。たとえば、
アメリカ原住民が使っていた言葉も、地名に結構残ってるのだそう。
他にも書き切れないほどありますが、今回は割愛します。

そもそも米国について、大手メディアを介し話題になる機会は多いけれど、
別の立場からの言及にも耳を傾けておかないと、足下暗い面がありそうです。
例えば首都のワシントンが実はメリーランド州にあるなんて、その時
お店のご主人に聞くまで私は知りませんでした。ワシントン州は別なんだそう。

そのMerylandは北アメリカの東海岸、カナダと接した北側に位置しますが、
地形の様子なども、広げた地図を前にして初めて気の付くことが沢山。

海岸線はちょうど岩手の三陸海岸や、北欧のフィヨルドのように、複雑に
入り組んで大西洋に接してました。太古からの経緯があるんでしょうね。
また、鳥のマークがぽつぽつ載っていましたので、保護区が多いようです。

日本によくある地図とは、記号の使われ方ひとつにしても違っていて、
印刷されたものを見る都度、小さな驚きがあります。例えば銀行の記号は、
日本ではかなり以前、明治以降位からか、分銅を模したものを使っていますが、
特に銀行に対して記号を用いない地図も、よその国では多いようですね。

さしあたっては上記の辺りを訪れる予定は立てていないのですが、広げた
遠い場所の道路地図をのんびり眺めていると、いろんな方向へ興味がひろがり、
どこかへ自分の足を運んでみたくなります。秋は旅行にもいい季節ですし。


なお、その店舗では古着を始め、主に海外の雑貨や作品を扱っていましたが、
買い付けは直接現地へ足を運ぶそうです。仕事の一環とは言え、
なかなか面白そう。そして若者や、好奇心のある方を応援する意味からか、
その買い付けへの同行も歓迎しているそう。ご主人の人柄が窺えました。(了)


  ; : ; : ; :


   NAKED
 art, picture,clothing
 千葉県船橋市前原西2-7-7


















  1. 2010/10/14(木) 08:55:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イチモンジセセリ と 乗り合い自動車の停車場  ; Parnara guttata ; Kejserens nye klæder

イチモンジセセリ550

小さな蝶は名前を確か、イチモンジセセリと呼んでいました。
わたしが小学校へ通う前から、何となく親近感を持って眺めています。

この和名をどなたが付けたかは判らないのですが、
漢字では「一文字挵」とwikipediaには。(最後の文字は、
てへんと、王の下へ、ツノを出したギリシャの小文字パイ)

そして正式な名前は、羅語(=ラテン語)で、Parnara guttata。 
また、英語では、The Common Straight Swift。この英語名を、
其のまま訳すと「よくいる 向こう見ずな あわてんぼう」か?。

もっとも、ちゃんとした辞書や辞典をひも解けば、
言葉の担う(になう)意味として、大抵の場合、
複数の選択肢が示されているようです。歴史や背景を思えば、当然でしょう。
ですから英語名の解釈も、複数の見解があるのが自然です。






滑川幼稚園バス停550

蝶と出合ったのち、駅に向かう途中で、錆びの出たバス停が道路脇に。
標識には「滑る」という字と、「幼い」という字が書いてありました。

なまえを声に出すとすれば、「なめよう」でしょうか。
何となく、残して置きたい地元の方の気持ちが、解る様な気がします。(了)






撮影 平成二十二年 九月(長月)於さいたま。 
photographed September 2010AD @Saitama prefecture.





  1. 2010/10/02(土) 11:01:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

西洋茶屋 可否道 (於)平河町 - Tao in an Asian coffee shop.

可否道のエントランス

生まれて初めてのモカマタリ(Mocha Mattari)は、通りすがりに縁を
感じたこちらの画像のお店、平河町の可否道で丁寧に淹れて頂きました。
処は東京の千代田区、今の地表から3m近く下がったところ。




可否道のモカマタリ
ここでは壁には百組ほどの、それぞれ個性的なカップとソーサーが並び、
好きなものを選ばせてくれました。私は2つ並んだ鳳凰柄の器のうち、
青みの強いものを指名。手塚治虫さんの作品、火の鳥とのつながりで。

手渡されたメニューの最後に、「珈琲の女王」と添え書きされた、
その名を見つけ、注文をしてみました。この名前は、コーヒールンバ、
という曲の歌詞に登場していたのを憶えています。また、日本の言葉
「まったり」とも響きが近く、柔らかなイメージがします。





可否道
おじゃましたのは僅かな時間ですが、二人いらしたお店の方とも、
少しお話が出来て、満足の行く一服でした。仕事のいい区切りに。

また、上記の曲、以前に西田佐知子さんが唄っていたそうですが、
彼女がTVの司会として知られた、関口宏さんとご夫婦とは初耳でした。
元曲はMoliend Cafe、ベネズエラのHugo Blancoさんの作だそう。(了)

















  1. 2010/09/20(月) 03:07:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

うみべの あそび - 海辺の 遊び - a play on the sea

逗子の海遠方に鳥居と灯台横640

ここは逗子の海辺。貝殻成分の多い砂浜でした。



逗子の磯の生簀にヤドカリ横640

磯の岩に空いたこの穴には、緑の体を持つ宿借りが。



逗子の磯で母が拾ったもの横640

きょう昼間、小一時間ほど海岸で過ごした戦利品です。
形の上では、指先に載る馬糞うにがピカイチかな。(了)





















  1. 2010/09/12(日) 01:12:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

緑のデルタ地帯に人影なし  - nobody seen in this delta region

レンガのなすデルタ地帯みどりトリム済み横396改2

北半球の地表を上空から撮影。AD2010年の夏。




レンガのなすデルタ地帯みどりトリム済み横396改夜の抜け道

いくらか雰囲気変えて、こんな調子にも出来ました。
星空を背景に、どこか遠い所へ誘う、小道のようです。




それにしても、道具としてのコンピューターにより、
ずいぶんと色んな事が、手軽に出来るんですね。
改めて感じます。きょうは此処まで。















  1. 2010/09/08(水) 21:48:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゆかり有る文物のシェルター→ ☆ 新宿区立新宿歴史博物館 - Shinjyuku historical museum

財宝を求めて、彼方此方(あちこち)さすらうお話は、
洋の東西や古今を問わず、多くの方の興味を引くようです。
メーテルリンクの青い鳥しかり、千夜一夜ものがたり然り。

ところで、文字通りの財宝がそこで手に入るわけではありませんが、
今まであまり気付くことの無かった価値を見出せるという意味において、
各地の郷土資料館を訪問してみるのは、実りの多い宝探しと言えるでしょう。

東京の副都心、新宿にも、その種のものがちゃんとありました。
場所はJRや地下鉄駅から、徒歩で10分ほど。新宿区三栄町22番地に。


新宿区立新宿歴史博物館正面


常設展がまずはおすすめ。素焼きのカワラケ時代から、
高層建築の林立時代まで、新宿に纏わるものの全体像を、
楽しめる形で一望の下に。



新宿区立新宿歴史博物館都電

かつて(嘗て)新宿駅前を走っていたチンチン電車も、中に一台。
確かゼロ戦を作った三菱の作です。車内の手すりは金色の真鍮パイプ。



新宿区立新宿歴史博物館入り口脇のカケラ

入り口脇にあったのは、四谷見附に昔あった鉄橋の欄干。装飾も独特。
橋の解体時に、せめて一部分だけでも、と残してくれたおかげです。

他にも江戸のミニチュア急須(径5cm)があったり、近代の文人たちが
屏風に書いた、落書き風の寄せ書きもあったりと、見どころ満載。
この場での紹介などは、とてもとても、しきれません。

思えば、風呂敷を過度に広げることなく、その地域のその地域らしさを
大切にしてくれる装置ですから、新宿のこの施設に限ることなく、
こういったミュージアムの類は、もっと注目を浴びて良いと私は思います。

たとえば海外から訪問された方なんてのも、連れて行ってあげると、
場合によっては、大変に喜んでくれるでしょう。ぜひ機会あれば。








(Shinjyuku natural history museum Tokyo sightseeing spot Tokio)








  1. 2010/09/07(火) 10:35:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

星の王子さま サン=テグジュペリ * LE PETIT PRINCE

星の王子さま岩波少年文庫よこ400

世界中の人に、数十年も前から愛されてきたお話ですので、
お読みになった方も多いことでしょう。星の王子さま。

出版は戦後すぐのパリで、西暦の1946年。ここ日本では、
昭和の28年(1953)に、岩波書店から出ています。

見たところ、子ども向けの絵本のようでもありますが、実際は子どもと、そして
かつては子どもだった人へ向けた、風刺の効いた物語として良いでしょう。
あらためて見れば献辞も、親友の子どもだった頃へと、宛てられていました。

内容の紹介は別の場に譲りますが、私がぼんやり眺めていて、
ふと気付いたこと、作者の名前に関することをちょっと記しておきます。

日本語では、サン=テグジュペリと記されることが多いのですが、元来は
Antoine de Saint-Exupery(Exuperyのeの上にアクサン‐テギュaccent aigu)、
さらに正式には、アントワーヌ・ジャン=バティスト・
マリー・ロジェ・ド・サン=テグジュペリだそうです。(太陽No.470より)

この基幹部分とされている姓(family name)のうち、"Saint" は、
名前の前に付いて、「聖なる」といった意味を持つようです。

また、"Exupery" の方は、綴りから推測すると、"ex"(外へ) +
"periri"( to try;試みる)がルーツとも思えます。(c.f.研究社大英和)
またwikipediaでは"periri" (to go through)との記述もありました。
したがって、「境界線を踏み越えてみる」の意かもしれません。

著者の姓が本人へどう影響を及ぼしたのか、無闇に判断できませんが、
生きているうちに聖なる探険を、あるいは逸脱旅行をすることが、
あらかじめその苗字でも方向付けられていた、と解釈すると面白そうです。



(すでに興味をお持ちの方が、何らかの発表をどこかで
 されているかもしれません。ご存知の方は教えて頂けると嬉しいです)







  1. 2010/09/05(日) 10:23:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鈴蘭(すずらん) - lily of valley

鈴蘭

道端で、何か言いた気なスズランの花。

花言葉は、「幸福の訪れ」と「純潔」だそう。


























  1. 2010/09/01(水) 16:51:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

 ・きょ豆♪

Author: ・きょ豆♪
豆系

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ふろっぐくろっく

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する